logo

『ゆれくるコール』が11月5日「津波防災の日」に緊急地震速報訓練を実施!「ゆれ体感」等新機能も追加

アールシーソリューション株式会社 2015年10月29日 10時34分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月29日

アールシーソリューション株式会社

『ゆれくるコール』が11月5日「津波防災の日」に緊急地震速報訓練を実施
体感震度共有機能「ゆれ体感」等の新機能も追加

 アールシーソリューション株式会社(本社:東京都新宿区、代表者:代表取締役 栗山章)は、11月5日の「津波防災の日」に緊急地震速報アプリ『ゆれくるコール』にて緊急地震速報訓練を実施します。また、それに合わせて利用者が体感した震度を共有する「ゆれ体感」などの機能追加をおこないました。

 『ゆれくるコール』は、気象庁の発表する高度利用者向け緊急地震速報をもとに、利用者が設定した地点のゆれを計算し、推定震度と予想到達時間を通知するサービスです。2010年から提供しているスマートフォンアプリは、2015年10月時点で累計500万ダウンロードを超えており、緊急地震速報の利用者数では国内No.1(※1)のアプリです。

※1 気象庁(2014年2月)調べ

■ 緊急地震速報訓練の概要
実施日時:2015年11月5日(木) 午前10時頃
対  象   :ゆれくるコールの設定にある「訓練」に「参加する」と選択している方

 気象庁が発信する訓練用緊急地震速報(※2)をもとに、対象の各端末に訓練通知をおこないます。ゆれくるコールの利用者のうち約300万人がこの訓練に参加する予定です。訓練に参加することにより、実際に大きな地震が発生し緊急地震速報が届いた際に、慌てず冷静に対処できるようになると期待されます。
 アールシーソリューションのホームページやFacebookページでは参加される方々に向けて、今回の訓練の機会に設定内容の再確認を促します。

※2 訓練用緊急地震速報についての詳細は、気象庁HPをご覧ください。 リンク

■ 新機能のご紹介
1. 体感した震度をみんなで共有「ゆれ体感」
利用者が体感した「ゆれ」を地図上で共有できる機能です。「ゆれたかも?」や「けっこうゆれた」など5段階のアイコンと、コメントを投稿できます。
実際の震度と体感した震度は、利用者のいる環境によって変化すると思われます。「ゆれ体感」への投稿を集めることで、高層ビルなどでの防災対策に役立つと考えます。

2. 地図上で最新情報を確認「津波情報」
地図上で最新の津波情報を確認でき、注意報や警報が発表された際にはプッシュ通知でお知らせします。津波情報が追加されることで、さらに安心してご利用いただけるようになりました。受信の設定も変更できます。

3. 近くで起きた地震を知ることができる「地震情報」
地震発生後、確定した震度を通知する機能を追加しました。設定した通知震度以上の地震が、設定した都道府県内で発生した際に通知します。近隣の地震を知ることができます。

【 ゆれくるコール 】
 URL:リンク

【 アプリダウンロード 】
 iPhoneアプリ(対応:iOS 7.0以上)
 App Store URL:リンク
 
 Androidアプリ(対応:Android 4.0以上)
 Google Play URL: リンク

■ 基本情報
アールシーソリューション株式会社
2002年8月設立。2010年11月、緊急地震速報通知アプリ『ゆれくるコール』リリース。2011年10月、降水予測アプリ『あめふるコール』リリース。2013年4月、中小企業優秀新技術・新製品賞にて『ゆれくるコール』が優良賞受賞。ITを活用して社会の安心に貢献するシステム開発に取り組んでいる。

■ 第26回 中小企業向けBCPセミナーのご案内
   平成27年11月18日(水)(17:30~受付開始)
  18:00~19:00 講演
  19:30~20:20 交流会
   会 場 :新宿エルタワー18階 LEC東京リーガルマインド 講義室
  参加費:1,500円(テキスト代, 交流会参加費込)
 BCP(事業継続計画)を学びあうセミナーを年4回開催しています。今回は講師に弁護士の北 周士(キタ カネヒト)氏をお迎えし、「転ばぬ先の杖 ~会社の危機に立ち向かう知恵を出し合おう~」をテーマにおこないます。BCPにお金も時間も掛ける余裕がないとお考えの方におすすめです。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。