logo

日本をリードする金融グループ傘下の資産運用会社が、事業の運用管理にFrontInvestを選択

eFront 2015年10月29日 10時34分
From 共同通信PRワイヤー

日本をリードする金融グループ傘下の資産運用会社が、事業の運用管理にFrontInvestを選択

AsiaNet 62345

日本をリードする金融グループ傘下の資産運用会社が、成長するプライベートインベストメンツ事業の運用管理にFrontInvestを選択

2015年10月29日、東京、PR Newswire - オルタナティブ投資の運用向け金融ソリューションで業界をリードするソフトウェアプロバイダーeFrontは、みずほグローバルオルタナティブインベストメンツ株式会社 (以下、MGAI) が、同社の顧客によるオルタナティブ資産の運用を支援するために、eFrontのフラッグシップソリューションであるFrontInvestを選択したと発表しました。 FrontInvestは、ジェネラルパートナー(GP)およびリミテッドパートナー(LP)向けの市場をリードするソリューションであり、あらゆる面で運用を効率的かつ効果的に管理できるため、透明性を向上し、リスクを最小限にし、コストを削減することが可能になります。FrontInvestの導入によって、統合された単一のプラットフォームがMGAIにもたらされ、すべての投資データの一元管理が実現します。

MGAIは、日本最大級の主要金融機関の一つであるみずほ銀行の子会社として、2010年に設立されました。MGAIは、オルタナティブ投資を専門とする投資運用および投資助言会社であり、日本の年金基金を主な顧客としてゲートキーパー業務を行っています。東京を拠点とする同社は、2015年8月現在、24億ドルを超える資産を運用しています。

設立当初のMGAIはヘッジファンド投資を主に取り扱っていましたが、同社の顧客はその他のオルタナティブ資産への投資機会を求めるようになっていきました。このような要求にこたえるため、2013年より同社はその他のアセットクラスにも事業活動を広げるとともに、そのような業務に合わせて専任チームの規模を拡大してきました。その他のアセットクラスにおける業務の増大と同時に、顧客による投資が複雑化してきたことで、MGAIは最高レベルのサービスを顧客に提供し続けるには包括的かつスケーラブルな技術ソリューションの構築が不可欠であるとの判断に至りました。そのようなソリューションを模索する中で、同社はeFrontを見出すに至りました。

「市場のプロバイダーを評価している際、eFrontのFrontInvestソリューションが我々の目に留まりました」と、MGAIの代表取締役社長である 安藤 学氏は述べています。「eFrontが実際に市場をリードしているだけでなく、オルタナティブ投資に完全に特化した希少性高く先進的なソリューションであるとの結論に至り、当社にとってeFrontが長期にわたって信頼できる強力なパートナーになるだろうという確信を持つに至りました」。

数あるFrontInvestの機能の中でも、とりわけMGAIが今後活用していくのが投資先ポートフォリオのモニタリング、レポート、ダッシュボードおよび投資の事前に行うスクリーニングなどです。同社のユーザーは、互いに緊密に統合されたFrontInvestのモジュールによって、例えばファンドごとの投資のシェアや顧客レベルでのファンドの先にある各投資先企業を確認することが可能になります。

「日本で増えつつあるeFrontの顧客ファミリーの一員として、MGAIをお迎えできることを大変喜ばしく思います」と、eFrontのマネージングディレクターであるオリバー・ジョンソン氏はコメントしています。「eFrontにとって、日本はきわめて重要な市場です。先日行われた当社の東京オフィスの開設に続き、MGAIとの長期にわたる良好なパートナーシップに期待しています」。

みずほグローバルオルタナティブインベストメンツ株式会社について
みずほグローバルオルタナティブインベストメンツ株式会社 (MGAI)は、日本のみずほフィナンシャルグループ傘下の資産運用会社であり、みずほ銀行の100%出資子会社として2010年に設立されました。同グループにおいて、MGAIはオルタナティブ投資を専門とするゲートキーパーとして、主にみずほフィナンシャルグループ内の系列信託銀行および資産運用会社を介して、厳選されたオルタナティブ運用商品を顧客に提供しています。MGAIは、ヘッジファンド、プライベートインベストメンツ(プライベートエクイティ、プライベート・デット、メザニン、インフラ投資など)、オルタナティブベータ商品など、幅広いオルタナティブ運用商品を取り扱っています。みずほフィナンシャルグループの堅実で安定した事業構造に支えられ、MGAIは専門知識のみならず、最高レベルの信頼性、完全性および信認義務の上に構築された質の高いサービスを顧客へ提供しています。MGAIは東京に本社を置き、資本金20億円、日本証券業協会および日本投資顧問業協会に加入しています。詳細については、リンク をご覧ください。

eFrontについて
eFrontは金融サービス業界に特化したソリューションで業界をリードするソフトウェアプロバイダーであり、オルタナティブ運用とリスクマネジメントの専門家として知られています。 eFrontは現在、48か国で800を超える顧客にサービスを提供しており、これにはプライベートエクイティ、不動産投資、銀行、保険業界などの主要企業が含まれます。1999年に設立されたeFrontは、アジア、ヨーロッパ、中東、北アメリカにオフィスを設置しています。詳細については、www.efront.com をご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。