logo

OKI、デジタルチャイナと中国ATM事業で戦略提携

JCN 2015年10月28日 11時30分
From JCN Newswire


TOKYO, Oct 28, 2015 - ( JCN Newswire ) - OKIは、デジタルチャイナグループの神州数碼信息服務股●有限公司(代表:郭為、本社:中国深セン市、以下 デジタルチャイナITS)と、このたび中国ATM事業で戦略提携しました。本提携に基づき、2015年11月より、OKIはデジタルチャイナITSにATMをOEM供給します。デジタルチャイナITSは、中国の金融機関向けにATMの販売および保守サービスを行います。OKIの持つ世界トップクラスの紙幣還流型ATMの開発技術と生産技術、デジタルチャイナグループの持つ強い顧客基盤と中国全土をカバーする保守網を活かし、シェア拡大を目指します。

デジタルチャイナITSは、中国IT業界最大手デジタルチャイナグループのITソリューションサービス企業です。中国金融業界のITサービス分野で30年近くの実績があり、高いITスキルと業界ノウハウを有しています。金融設備分野において独自開発した製品ラインアップと中国全土にサービスネットワークを持ち多くのユーザから支持されています。ATM事業拡大を目指しており、中国において生産拠点と豊富な実績、高い技術ノウハウを持つパートナーとの提携を検討していました。

OKIは、1982年に世界初の紙幣還流型ATM、2011年には128金種の複数国紙幣を1台で取り扱うATMの開発に成功するなど業界トップの高度なメカトロ技術と、短納期・高品質を実現する高い生産技術、品質管理技術を有しています。中国ATM市場においては、2003年より販売開始し、現在はトップシェアを持っています。今回、OKIが持つ高度なメカトロニクス技術、中国国内生産による競争力および中国市場ニーズと合致した製品開発力がデジタルチャイナITSの 高い評価を受け、戦略提携に至りました。

両社は今後、共同出資による合弁会社設立を目指すなど、さらに協力関係を強化して、中国ATM市場の積極的な開拓を図ってまいります。

【デジタルチャイナITSの概要】
社名: 神州数碼信息服務股●有限公司
本社: 中国深セン市南山区
代表: 郭為
資本金: 91,781万人民元
設立: 1994年1月29日
分支機構: 北京、上海など中国各地
事業内容: 技術サポート、農業ICTソリューション、アプリケーション開発サポート、金融機器および関連業務・システムインテグレーション等

【編注】●は人偏に「分」

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 田中
電話 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事