logo

ベルスタッフ、中国初のオープン

ベルスタッフ 2015年10月28日 10時48分
From 共同通信PRワイヤー

ベルスタッフ、中国初のオープン

AsiaNet 62325

マカオ、2015年10月27日/PRニュースワイヤー/ --

ベルスタッフは、マカオの大掛かりなスタジオ・シティ・プロジェクトの一環として、大中華圏に初の店舗が誕生することをお知らせします。今回のオープンは、2014年9月以来韓国に3店舗をオープン、2015年7月には2016年3月オープン予定のベルスタッフ・ジャパン株式会社を設立した同ブランドの、アジア市場における継続的発展を示しています。

リンク

最高経営責任者であるギャヴィン・へイグの指揮の下、マカオのオープニングは、世界中に足跡を広げるというベルスタッフのコミットメントの更なる延長です。「ベルスタッフが今後何年間にもわたり中国およびアジア広域への長期投資を継続することを示す、マカオでのオープンをお知らせいたします。スタジオ・シティは、マカオの小売りのメッカとなるもので、私どもはこの豪華なショッピング体験に立ち会うことができて光栄です。マカオは豪華ファッションの評価が高く、世界で最もダイナミックで刺激的な小売環境を備えたこの地で中国における販売を始めるのもうなずけます」とへイグは述べています。

ベルスタッフは、この新規小売フランチャイズ運営において、レインボー・グループ・マカオと戦略的パートナーシップを結びました。

店舗は、英国の伝統とデザインの革新が現代感覚に調和した、秋冬メンズ/ウィメンズコレクションでオープンします。シーズンの既製服とアクセサリーに加え、ベルスタッフの象徴であるハンドワックス・コットンとレザー製品を取り扱います。

スタジオ・シティ店は、著名なインテリアデザイナーで建築家のウィリアム・ソフィールドの設計による、ロンドン、ニュー・ボンド・ストリートのベルスタッフ・ハウスを基準にしています。196平方メートルの店舗は、木の床、革張りの椅子、特注のコルクウォール、職人手作りのオーダーメイド・キャビネットなど、ベルスタッフの特徴的なインテリアが、独特のムードと居心地のよさそうな雰囲気を作り出しています。大型のライトボックスが、現在行っているキャンペーンの画像を映し出します。ベルスタッフのオートバイの伝統は、店舗前に展示されているロイヤル・エンフィールドのビンテージバイクに表れています。

店舗の周囲の映像アーカイブは、現グローバル大使のデビッド・ベッカムなど、ベルスタッフ91年の歴史を描いています。

スタジオ・シティ・マカオ
Estrada do Istmo, Cotai, Macau
日曜-木曜 10:00~23:00
金曜-土曜 10:00~24:00

ベルスタッフについて
ベルスタッフは、冒険の伝統や精神が染み込んだ世界的なイギリスの高級ライフスタイルブランドです。ベルスタッフでは、勇敢な探検家や熱狂的なファッションのファンが一様に、ベルスタッフの豊かな歴史とアーカイブに影響を受けた現代のライフスタイル向けの親しみやすい高級品を見つけています。ベルスタッフはロンドンに本社があり、ロンドン、ニューヨーク、ミラノ、ミュンヘンにショールームを構えています。現在、ベルスタッフは、New Bond Streetの旗艦店、ヨーロッパとアメリカの独立系ブティック6店、世界中の厳選した卸売販売、およびリンク で販売されています。

詳細は、natalia.cassel@belstaff.comまで問い合わせてください:

直通 +44(0)203-205-2947、携帯 +44(0)7872-50642

ソース: ベルスタッフ(Belstaff)


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事