logo

初めての試み!サービス業の現場に特化したインバウンド接客外国語講座/検定をリリース!

一般財団法人みんなの外国語検定協会 2015年10月28日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月28日

一般財団法人みんなの外国語検定協会

初めての試み!サービス業の現場に特化したインバウンド接客外国語講座/検定をリリース!
青山ブックセンター・LOFT渋谷店などが導入予定!
~年内限定の無料キャンペーン実施中!!~

外国語で積極的にコミュニケーションができる人材を広く育成し、グローバルな社会作りを目指すことを理念に設立された、一般財団法人みんなの外国語検定協会(本部:東京都千代田区、代表理事:今出光)は、サービス業の各業態に特化したインバウンド語学対策として、「インバウンド接客外国語講座」(10月に英語版リリース後、12月ごろに中国語版リリース予定)と「インバウンド接客外国語検定」(講座と同様)の提供を開始いたしました。
リリースキャンペーンとして、年内のお申込に限り無料で受講・受験できる年内限定キャンペーンを実施いたします。

今後ますます訪日外国人観光客が増えることが見込まれますが、観光客が訪れる多くの飲食店や小売店では、外国語でコミュニケーションのできる人材がまだまだ多いとは言えず、外国人観光客の不満につながっているだけでなく、ビジネスの面でも機会喪失しているとも考えられています。
こうした現状を鑑み、一般財団法人みんなの外国語検定協会では、サービス業の現場で使える、業種業界に特化した実践的かつ基礎的なレベルのオンライン外国語講座とオンライン外国語検定を開発いたしました。

特長
1.インバウンドに対応する接客スタッフ向けに特化した語学検定。
2.検定問題は業種別に制作。コンビ二・100円ショップ・ドラッグストア・カフェ・寿司・牛丼屋・タクシー・鉄道・バスなど細かな業種に対応した問題を出題。
3.パソコン上で受験する、独自開発した全編動画リスニングによるオンライン検定。
4.検定問題に対応した接客スタッフ向けのオンライン学習講座(英語・中国語)を用意。

検定に合格されると、合格証としてバッジとステッカーが配布されます。スタッフの皆様がバッジを付けること、店頭にステッカーを貼ることで外国語でのコミュニケーションができることを「見える化」し、外国人観光客にとって安心して来店できる店舗として、また外国人観光客に選ばれるブランドとしてアピールすることができることも、他には無い本検定・講座の特徴と言えます。

サービス業の現場において、外国人観光客に対して外国語で簡単な挨拶や接客ができることが、インバウンドおもてなしの第一歩です。幅広い業種・業態のサービス業の方々にご活用いただける内容になっており、さらにレベルの高い語学力をお求めの企業様には、企業ごとにカスタマイズした講座・検定をご提案することも可能です。

本件の初めての試みとして、11月より青山ブックセンター(運営会社:ブックオフコーポレーション株式会社、本社:神奈川県相模原市)の一部店舗やLOFT渋谷店(運営会社:株式会社ロフト、本社:東京都千代田区)でのテスト導入が始まります。

当協会では活動を通じて、外国語に対する障壁を取り払い、コミュニケーションバリアの無い国を目指すことで観光立国としての日本のブランド確立と質向上に寄与して参りたく、趣旨に賛同いただける法人会員を広く募り、皆様とこの活動を世に広めていきたいと考えています。

以下参考資料

■財団概要
名称    一般財団法人みんなの外国語検定協会
所在地   東京都千代田区神田錦町3‐15NTF竹橋ビル
代表理事  今出光
設立    2014年4月
連絡先   電話 03-5259-6771 FAX 03-3282-9618
      Mail     info@minnanogaikokugo.or.jp
      Webサイト リンク
事業内容  1)外国語コミュニケーションの普及、啓蒙
      2)みんなの外国語検定 検定・認定事業
      3)インバウンド接客外国語検定・講座運営
      4)外国語コミュニケーション、検定、講座に関する出版、教育、セミナー事業
      5)本活動の国内外への普及、啓蒙
      6)その他この法人の目的を達成するために必要な事業



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事