logo

【新発売】 I/Oを自由に組み合わせできる高機能IoTデバイス 「CONPROSYS スタック型M2Mコントローラ」。接続したいセンサーやアクチュエータに合わせてI/O部分を自由に構成可能

株式会社コンテック 2015年10月27日 13時30分
From DreamNews


CPS-MCS341-DS1-111
・インターフェイス: 10BASE-T/100BASE-TX 2ch
・発売時期: 2015年11月16日


CPS-DIO-0808L
・インターフェイス: デジタル入力8点、出力8点
・発売時期: 2015年11月16日

CPS-DIO-0808BL
・インターフェイス: デジタル入力8点、出力8点、電源内蔵
・発売時期: 2015年11月16日


CPS-COM-1PC
・インターフェイス: 絶縁型RS-232C 1ch
・発売時期: 2015年11月16日

CPS-COM-2PC
・インターフェイス: 絶縁型RS-232C 2ch
・発売時期: 2015年11月16日

CPS-COM-1PD
・インターフェイス: 絶縁型RS-422A/485 1ch
・発売時期: 2015年11月16日

CPS-COM-2PD
・インターフェイス: 絶縁型RS-422A/485 2ch
・発売時期: 2015年11月16日


CPS-AI-1608LI
・インターフェイス: アナログ電圧入力 16bit 8ch
・発売時期: 2015年11月30日

CPS-AO-1604LI
・インターフェイス: アナログ電流出力 16bit 4ch
・発売時期: 2015年11月30日


CPS-SSI-4P
・インターフェイス: 白金測温抵抗体 4ch
・発売時期: 2015年11月30日


  今回発表する新製品「CONPROSYS スタック型M2Mコントローラ」は、さまざまな通信機能をファームウェアに内蔵したクラウド対応のリモートI/Oユニットです。モジュール化した信号入出力の部分(I/Oモジュール)を最大32台までコントローラ本体(CPUモジュール)へスタック接続することができます。お客様はセンサーやアクチュエータの構成に合わせて自由にIoTデバイスを構成することができます。

  新製品「CONPROSYS スタック型M2Mコントローラ」は、クラウド対応のIoTデバイスとして機能します。当社が提供するデータ収集用のクラウドサービスとのインターネット接続が完了すれば、クラウドサーバーへのデータ送信が開始され、装置の状態監視がすぐに始められます。また、OPCサーバーソフトウェア(無料ダウンロード)を使用することで、SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition) システムにも対応します。SCADAを使ったオンサイトのリモートI/Oとしてもすぐに活用することができます。

  今回発表する新製品「CONPROSYS スタック型M2Mコントローラ」は、有線LAN対応のCPUモジュール(1種)、デジタル入出力モジュール(2種)、シリアル通信モジュール(4種)、アナログ入出力モジュール(2種)、温度センサー入力モジュール(1種)の合計10製品となります。今後さらにCPUモジュール、I/Oモジュールのバリエーションを増やしラインアップを強化してまいります。


【CONPROSYS スタック型M2Mコントローラの特長】
■ 機器を数珠つなぎできるLANポートを装備
コントローラにはLANポートを2個搭載しており、HUBを経由することなく、デイジーチェーン(数珠つなぎ)で接続が可能です。そのため、LANケーブルだけで機器間を中継することができ、工場内の機器間ネットワークを安価に構築、既存のネットワーク環境への追加が容易に行えます。

■ CONPROSYSクラウドサーバーとの連携で、クラウド型の遠隔監視をすぐに開始
データ収集用CONPROSYSクラウドサービスとの通信機能を内蔵しています。インターネット接続が完了すれば、クラウドサーバーへのデータ送信が開始され、装置の状態監視がすぐに始められます。

■ データ収集用ソフトウェアを無料提供。オンプレミスの監視システムに対応
クラウドではなくローカルにデータを収集したいお客様向けにWindows用データ収集ソフトウェアを無料提供(当社ホームページからダウンロード)。ローカルネットワーク上のPCに複数のCONPROSYS M2Mコントローラからのデータを集めることができます。

■ 高機能HMIソフトウェア「ACTIVE TOUCH」を無料提供。現地での見える化をサポート
グラフやメーターなどを使ったグラフィカルな表示画面を簡単に作成できるWindows用高機能HMIソフトウェア「ACTIVE TOUCH」を用意。CONPROSYS M2Mコントローラに対応した機能制限版を無料提供(当社ホームページからダウンロード)。

■ 制御ができるセルフスクリプティング機能を内蔵
入力データの演算・条件分岐・信号出力制御などのスクリプトを記憶させ実行することができます。スクリプトはフローチャートを書いていくイメージで作成できますので、プログラミングの専門知識がない方でも簡単に作成することができます。

■ OPCサーバーソフトウェアを無料提供。OPC対応の多彩な機器と連携が可能
OPC-DA 2.0/3.0に対応したWindows用OPCサーバーソフトウェアを無料提供(当社ホームページからダウンロード)。OPC対応のSCADAとのデータ通信が可能です。

■ F&eITシリーズと同様のWindows APIを提供。Windowsプログラミングも可能
コンテックの省配線リモートI/Oシステム F&eITシリーズと同様にWindows用のAPIを提供予定(当社ホームページからダウンロード)。F&eITと同様の関数体系でプログラミングが可能です。

■ 最大32モジュールまでスタック可能で35mm DINレールに取り付け可能。
最大32モジュールまでスタック接続可能、35mm DINレールへの取り付け機構も装備しており、盤内などへの組み込みが容易です。脱着は背面のストッパーをON/OFFするだけで簡単に行えます。

■ Modbus/TCP通信機能を内蔵。Modbus対応機器との連携が可能


【関連リンク】
・M2M / IoTソリューション CONPROSYS   リンク



株式会社コンテック (CONTEC CO., LTD.) 会社概要
社名   株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード:6639)
所在地  大阪市西淀川区姫里3-9-31
代表者名 代表取締役社長 藤木 勝敏
社員数   615名(グループ計)
資本金  11億1,960万円
URL    リンク

 1975年4月設立。産業用機器の総合メーカーとしてコントローラ本体や周辺機器、ネットワーク機器までを手掛け、開発・製造・販売からサポートまで幅広いサービスを提供しています。コンピュータの黎明期から産業分野でのPC技術の活用に着目し、産業用コンピュータや計測制御用インターフェイスボード、ネットワーク機器など、当時最先端の製品を次々と開発。この分野の世界的パイオニア企業として貢献してまいりました。培ったコア技術を活かし、環境・エネルギー、医療、鉄道・交通機関、M2MやIoTソリューションなどの新分野にも進出。独創的な技術と製品で人々の暮らしをいっそう豊かなものにしていきます。

【お問い合わせ先】
■ 報道関係者様 お問い合わせ先
 グローバル営業本部 販売促進グループ
 〒108-0023東京都港区芝浦4-9-25 芝浦スクエアビル
 TEL: 03-5418-5967(ダイヤルイン) FAX: 03-5418-5968
 E-mail: promote@contec.jp

■ Webプレスリリース版(高解像度写真のダウンロード)
 リンク

■お客様 お問い合わせ先
 総合インフォメーション
 TEL: 050-3736-7861(ダイヤルイン)
 E-mail: tsc@contec.jp


※ 会社名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。
※ 記事に住所を記載いただきます場合は、本社所在地の記載をお願いします。
※ 本発表資料の記載情報は発表日現在の情報です。ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合がありますのであらかじめご了承ください。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事