logo

OpenStack Summit 2015 TOKYOにてモノビット社が「オンラインゲームサーバの自動冗長化システム」を伊藤忠テクノソリューションズ社と共同開発したことを発表

株式会社モノビット 2015年10月26日 11時00分
From PR TIMES

株式会社モノビット(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:本城 嘉太郎)は2015年10月27日、OpenStack Summit 2015 Tokyo(日本国内初のOpenStackサミット)にて、「オンラインゲームサーバの自動冗長化システム」を、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:菊地 哲 略称:CTC)と共同開発したことを発表いたします。



[画像: リンク ]



■「オンラインゲームサーバの自動冗長化システム」について
CTCが中心となって開発しているオープンソースソフトウェア「RACK」上で動作する「オンラインゲームサーバの自動冗長化システム」を、株式会社モノビットの通信ミドルウェア「モノビットリアルタイム通信エンジン」を元に、両社が共同開発しました。本システムを導入することにより、ゲームの利用状況に応じて最適なリソース量を自動でコントロールするため、人手による運用が不要となり、コスト最適化につながります。

■「RACK」について
OpenStack上で「自律型アプリケーション」を開発、実行するための基礎技術です。RACKを組み込んだ自律型アプリケーションは、自身の“状態”を基に自らクラウドの実行リソースを調達・開放します。このため、従来のサーバ負荷に基づいたオートスケールシステムと比較して、より柔軟なクラウドリソース制御が可能となり、コスト最適化、アプリケーション実行の高速化につながります。RACKはオープンソースソフトウェアとして開発されており、誰でも無料で使用することができます。

■「モノビットリアルタイム通信エンジン」について
モノビットリアルタイム通信エンジンとは、オンラインゲーム制作のための
マルチプラットフォーム対応の高機能なリアルタイム通信ミドルウェアです。
Linuxサーバで動作し、スマートフォン向けの対戦から、大規模なMMORPGまで、あらゆるジャンルのネットワークゲームをスムーズに開発することができます。

■OpenStack Summit 2015 での講演内容について
自動冗長化システムを組み込んだゲームを実際にプレイし、オンラインゲームサーバが自動で冗長化される様子をデモします。さらに、詳しい内部の仕組みについて解説を行います。

■OpenStackについて
データセンター内のサーバ、ストレージ、ネットワーク等のITリソース群を管理し、柔軟なIaaSサービスの提供を可能にするオープンソースソフトウェアです。

※当日の講演内容はこちらからご覧いただけます。(予定)
リンク

最新版『モノビットリアルタイム通信エンジン』は、モノビットエンジン公式サイトにて、無料ダウンロードいただけます。
<ダウンロード先URL>
リンク

■商品・サービスの仕様
商品・サービス名:モノビットリアルタイム通信エンジン
発売・運用開始日:2015年06月05日
開発・販売:株式会社モノビット
URL:リンク

■会社概要
名称:株式会社モノビット
本社住所:東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル(旧日南貿易ビル)4F
設立:2013年1月
資本金:2,000万円
従業員数:70名
代表者:本城嘉太郎

ホームページ
リンク
【本件に関するお問い合わせ先】
担当者:ミドルウェア事業部プランナー・田中 E-mail:s.tanaka@monobit.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。