logo

“Meal for Refugees” -- 難民のふるさとの味を学食で提供、10月26~30日、明治大学和泉キャンパスで

明治大学 2015年10月24日 08時05分
From Digital PR Platform


明治大学公認サークルの「MIFO(Meiji International Friendship Organization)」は、難民のふるさとの味を伝える“Meal for Refugees”を10月26日(月)~30日(金)、和泉キャンパスで実施する。 


 “Meal for Refugees” は、NPO難民支援協会(JAR)が日本で暮らす難民と共に作ったレシピ本『海を渡った故郷の味』から生まれた社会貢献プロジェクト。日本に逃れてきた難民の家庭料理を学食で提供し、難民への関心・理解を深めることを目的としている。

 明治大学で4回目の開催となる今回は、過去の活動で最も人気が高かったパキスタンの「まろやかチキンカレー」を420円で販売。1食につき20円をJARに寄付し、在日難民の生活・定住支援などに役立てる。 

 同大では、昨年5月に“Meal for Refugees”を初開催。活動に接した学生らからは「難民について考えるきっかけになった」「日本の難民受け入れについても考えたい」などの声が寄せられ、難民問題への関心の広まりに寄与している。

◆“Meal for Refugees”概要
【日 時】 10月26日(月)~30日(金)
【場 所】 明治大学和泉キャンパス学生食堂1階
【提供メニュー】 まろやかチキンカレー(パキスタン)

▼取材に関するお問い合わせ
 明治大学 広報課
 電話:03-3296-4330
 メール:koho@mics.meiji.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。