logo

錦鯉産業の振興、世界農業遺産を目指して!長岡・小千谷「錦鯉発祥の地」活性化推進協議会を設立

長岡市 2015年10月23日 14時26分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月23日

長岡市

錦鯉産業の振興、世界農業遺産を目指して!
長岡・小千谷「錦鯉発祥の地」活性化推進協議会を設立

 錦鯉発祥の地である長岡市 リンクと小千谷市 リンクは、「長岡・小千谷「錦鯉発祥の地」活性化推進協議会」を設立しました。協議会は、錦鯉の文化的価値を高めながら、世界に向けたプロモーション活動を展開し、産業振興と地方創生へつなげます。
 なお、両市は中越大震災から10年を迎えた昨年、錦鯉を「市の魚」として制定しました。


1 設立の目的
 長岡市及び小千谷市の魚「錦鯉」の文化的価値を高め、将来にわたって子どもたちが誇れるよう、官民一体となって世界へ向けたプロモーションを展開します。併せて、地方創生・総合戦略の実践策として錦鯉産業のさらなる振興を図ります。

2 協議会で検討する方策
(1)錦鯉の文化的価値、評価の確立
(2)プロモーション戦略
(3)ブランド力の強化・保護
(4)世界展開に向けた振興戦略
(5)その他、目的達成のために必要な事項

3 その他
 長岡市は、錦鯉を身近に観賞できる大型水槽(横2,200mm×高さ1,000mm×奥行き1,400mm)を「やまこし復興交流館おらたる リンク」 に設置します。11月下旬には、市の玄関口「シティホールプラザアオーレ長岡 リンク」にも設置します。
  
4 参考
 ○昨年度の日本の水産品輸出額(観賞魚)は約30億円(農林水産省統計)。
  そのうち大半が新潟県産で、生産高の約7~8割を輸出。世界を市場としています。
 ○錦鯉の主な輸出先は、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、オランダ、ベルギー、
  マレーシア、シンガポール、南アフリカ共和国など、世界30カ国に及びます。
 ○長岡市は錦鯉のプロモーション活動として、エジプト、サウジアラビア、カナダ、
  アルメニア、アルバニアの5カ国の大使館へ寄贈しています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。