logo

再生回数290万回突破 資生堂WEB動画「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」7つのヒミツ

株式会社資生堂 2015年10月22日 16時02分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

資生堂はWEB動画「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」を10月16日に公開し、290万回の再生回数を突破しました。


▼「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」動画はこちら
リンク

[動画: リンク ]



メークの力で変身した生徒たちの素顔は、10月21日に開設した特設サイト内でご覧いただけます。またサイトでは、動画で使用した化粧品をセットにしたプレゼント企画も開始しました(11月20日まで)。

▼「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」特設サイト
リンク

■動画にまつわる7つのヒミツ
今回、動画の中にはさまざまな「仕掛け」が隠されています。動画にまつわるエピソードとあわせてご紹介します。

1.映像の中のヒミツ
冒頭と最後に登場する先生が手に持った絵、音楽を聴く生徒のヘッドフォンについたマーク、文庫本の挿絵、ギターの向きと歌の歌詞・・・ぜひ動画をご覧になって、隠されたヒミツを探してみてください。

2.BGM
映像の中で使われている曲「wanna」は、SPANOVA feat.泉まくら&Ittoによるもので、今回の動画のために作られたオリジナル作品。今回の動画で三者初の顔合わせとなりました。

3.キャスティング
登場する生徒たちは、高校生雑誌「HR」で活躍している男子高校生です。
▼「HR」公式サイト: リンク

4.撮影はワンテイク
逆再生されていくシーンは、1回限りのワンテイク。7時間以上に及ぶ長時間の撮影を、カメラを止めることなく行いました。生徒たちには、同じ態勢での長時間撮影に手足が震える中、メークや着替えを行ってもらいました。

5.ロケ場所
舞台となった学校は、神奈川県浦賀市にある海の見える廃校。シーンが切り替わるところでは実際に壁を白く塗り直し、教室の雰囲気をガラリと変えています。

6.メークのプロ
動画のキーとなるメークは、資生堂ビューティークリエーション研究センターのヘア&メーキャップアーティストが担当しています。人数も時間も限られたハードな現場で、現役高校生をメークの力で次々変身させていく様子は、メイキング動画でもご覧いただけます。

▼ 資生堂ヘア&メーキャップアーティスト 公式サイト
リンク

▼「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」メイキング映像
リンク

7.映像のプロ
動画の制作はワッツオブトーキョー、監督はGoogleやHondaなど数々のCMや映画を手掛けている柳沢翔、撮影は大橋仁の手によるもの。数々のCMや映像を手掛けているプロが集結して、今回の作品をつくりあげました。

▼「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」特設サイト
リンク

▼ 資生堂公式サイト
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事