logo

【これからの転職。】が選ぶ「女性に話したくなる。とってもいい会社」 日産自動車株式会社をホワイトアロー企業100選に選出!

ビースタイル 2015年10月22日 13時12分
From PR TIMES

女性管理職、現在214名。多様化/グローバル化する顧客ニーズに応える為のダイバーシティ。

 「これからの転職。」(運営会社:株式会社Shift(ビースタイルグループ)東京都新宿区:代表水澤直人)は日産自動車株式会社(神奈川県横浜市:代表Carlos Ghosn(カルロス ゴーン))をホワイトアロー企業100選~女性に話したくなる。とってもいい会社~として選出したことを発表します。



[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]




日産自動車株式会社 主な選出理由

【1】ビジネスの発展・継続のためのダイバーシティを戦略的に実現
「ダイバーシティ」を推進する目的を「ビジネスに活かす」ためと明確に設定。多様化する顧客ニーズに応えるために、平均点を出すのではなく、男女・国籍・新卒中途をミックスした組織をつくり結果を出すためのマネジメントを実践している。

【2】在宅勤務・プレママセミナー等、ライフスタイルの変化を見据えた多様な施策
働く時間・場所を柔軟に選択できる勤務制度、働いた時間ではなく結果で評価する文化等。働き方に制約がある社員でも成果を出せる環境を整備している。またプレママセミナーを実施し、育児をしながら働くことについて考える機会を提供。

【3】「女性管理職214人」各部門に多様なロールモデルがいる職場環境
家庭か仕事か、ではなく両立しながら仕事をしたい女性が多く活躍している。女性管理職は広報・マーケティング等の特定の部署だけではなく、サプライチェーンのどの部門にも部長・課長がいる。多様なロールモデルがいる職場環境を実現。

「ホワイトアロー企業」経営者対談を掲載


[画像3: リンク ]



女性管理職、現在214名。
多様化/グローバル化する顧客ニーズに
応える為のダイバーシティ。


日産自動車株式会社
ダイバーシティディベロップメントオフィス 室長
小林 千恵氏

対談記事はこちら
リンク


ホワイトアロー企業 100選~女性に話したくなるとってもいい会社~とは?

ホワイトアロー企業は、働きやすくワークライフバランスが優れている会社とされる『ホワイト企業』と、時代の先端を駆ける一本の矢のように売上が急成長している・新市場を創出している企業を表現する言葉『アロー』を掛けあわせて名付けられました。選出を行う際には『これからの転職。』a運営メンバーが企業の経営トップや人事責任者から直接お話を伺い、実際に職場の様子を目で見て確かめ『ぜひ、働く女性にこの会社のことを伝えたい。』と思える会社を選出しています。どの会社も、働きやすさと業績の向上を高いレベルで実現しており、自信を持ってオススメできる会社です。

[画像4: リンク ]

▼「ホワイトアロー企業」6つのの選定基準▼


経営層がダイバーシティ経営の意思を持っている。
残業を非推奨としており、生産性重視の文化を持っている。
労働時間ではなく成果で評価。働く時間は関係なく生産性を上げて成果を出している人がしっかり評価されている。
子育て中の女性や時短で働く社員が管理職として働いている。もちろん、育休産休は男女関係なく取得している。
女性の仕事と家族人との両立に理解がある。
業績が良く成長している



ホワイトアロー企業 100選 運営者について



◆「これからの転職。」とは?
女性管理職候補の育成・採用に力を入れている企業と、ライフステージが変化してもキャリアの継続・発展を希望するキャリア女性のための転職・採用支援サービスです。女性が働き続けられる組織への変革と女性の活躍推進を支援し、社会システムの変革を実現します。
(URL:リンク

[画像5: リンク ]


◆ビースタイル・グループ について
『時代に合わせた価値を創造する(best basic style )』を理念とし、
現代の働き方・キャリアの矛盾を解決するための事業を『女性』・『若者』に焦点を当てて展開しています。事業を通じて『女性』・『若者』がより活躍できる機会をつくり、社会システムの変革を実現します。
(URL:リンク

[画像6: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事