logo

日本エイサー 短焦点LEDモバイルプロジェクター 「K138ST」を発表 10月23日(金)より発売開始



日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、短焦点LEDモバイルプロジェクター「K138ST」を2015年10月23日(金)より発売開始いたします。

[画像1: リンク ]

K138ST
・ Acer LumiSense+(ルミセンス・プラス)搭載
・ 省スペースに大画面で投映する短焦点モデル
・ 800ルーメン 高輝度 LED光源搭載
・ LED光源で省電力・メンテナンスフリーを実現
・ DTS サウンド対応ステレオスピーカー内蔵
・ MHL対応HDMI端子搭載

[画像2: リンク ]

<K138ST 製品特長>
■ Acer LumiSense+(ルミセンス・プラス)搭載
本体天面のライトセンサーが周囲の明るさを検知して、投写映像の彩度や輝度を自動調節する機能を搭載しています。
さらに映像自体の色味や明るさも認識して、最適な色彩や輝度に自動調節します。
[画像3: リンク ]



■ 省スペースに大画面で投映する短焦点モデル
・少人数のミーティングでも、短焦点モデルならスペースを取らずに映像を投映できます。
・本体サイズ( 240 x 147 x 59 mm、750g )は、A5用紙ほどで手軽に持ち運びできます。
・1.7メートルほどの投映距離があれば、100インチの大画面映像を投映できます。
[画像4: リンク ]

■ 800ルーメン 高輝度 LED光源搭載
省電力、長寿命のLED光源を採用しています。800ルーメンの高輝度で、室内照明下での投映にも最適です。
[画像5: リンク ]

■ LED光源で省電力・メンテナンスフリーを実現
・長寿命LED光源を搭載しています。 光源寿命目安は、約20,000時間(エコモード時30,000時間)です。
・ECOモードを搭載し、輝度を通常稼働時の20%削減します。
・標準消費電力 80Wで、一般的なランプ式モデル(当社製 3,000lm モデル:235W)と比較して、35%程度の省電力モデルです。
[画像6: リンク ]

■ DTS サウンド対応ステレオスピーカー内蔵
3W x 2ステレオサウンドスピーカーを内蔵しています。DTSサウンド対応により、クリアな音声を再生できます。
[画像7: リンク ]

■ MHL対応HDMI端子搭載
MHL対応スマートフォンを接続して、スマートフォンの映像や画像を大画面で投影できます。
※市販のMHLケーフ゛ルが必要です。
[画像8: リンク ]

リリースページ
リンク
K138ST製品ページ
リンク

■Acerについて
1976年の設立以来、Acer はハードウェア+ソフトウェア+サービスカンパニーとして、人々の生活を豊かにする革新的な製品の研究、デザイン、マーケティングおよび販売とサポートを行っています。パソコン、ディスプレイ、プロジェクター、サーバー(国内未発表)、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル(国内未発表)に至る幅広いレンジの製品を提供するとともに、IoT (Internet of Things) に向けたクラウドソリューションの開発も推進しています。
Acer は、グループ全体でおよそ7,000人の従業員を数え、グローバルマーケットにおけるパソコン全体売上シェアは第4位(出展:IDC 2014)、2014年度の売上は103.9億米ドルを達成しています。
詳細は、www.acer.co.jpをご覧ください。
(C) 2015 Acer Inc. All rights reserved. Acer and the Acer logo are registered trademarks of Acer Inc. Other trademarks, registered trademarks, and/or service marks, indicated or otherwise, are the property of their respective owners.

■ 日本エイサー株式会社について
社 名 : 日本エイサー株式会社
所在地 : 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
代表者 : 代表取締役社長 ボブ・セン
URL : リンク
公式facebook : リンク
公式Twitter :リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事