logo

Ubuntu Desktopに対応したウイルス・スパイウェア対策プログラム「ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop」提供開始

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森 晶久、以下キヤノンITS)は、法人向けセキュリティ対策製品「ESET Endpoint Protection シリーズ」において、Ubuntu Desktopに対応したLinuxクライアント用ウイルス・スパイウェア対策プログラム「ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop」を2015年10月22日(木)より提供開始します。



[画像1: リンク ]



近年、研究開発や業務用途において、OSのライセンス費用が不要で導入コストが抑えられ、低スペックのPCでも快適に動作するLinux Desktopが注目されています。中でも、Linuxディストリビューションの一つであるUbuntuは、GUIでの操作性が良いためWindows/Macユーザーでも使いやすく、対応ソフトウェアも豊富なことから普及が進み、大学などの教育機関のほか、医療機関や一般企業でも利用されています。一方で、比較的安全なOSであるという認識から、Linuxは十分なセキュリティ対策が行われないケースが多く、日々新種の脅威が増え続ける中、攻撃者から狙われる可能性が高まっています。また、対策が行われていないLinux端末は、クロスプラットフォームのウイルスの温床となり、ネットワーク内の他OS端末への感染拡大を引き起こします。

「ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop」は、Ubuntu Desktopに対応したLinuxクライアント向けウイルス・スパイウェア対策プログラムです。わかりやすいユーザーインターフェースを備え、常駐保護に加えてスケジュールスキャンなどのオンデマンドでの検査もできます。

ESET製品には、動作の軽さとともに、独自のヒューリスティック技術により、既知のウイルスはもちろん、新種・亜種のウイルスも高い確率で検出できるという特長があり、第三者機関からウイルス検出力について高い評価(※1)を受けてきました。「ESET Endpoint Protectionシリーズ」の収録プログラムの一つとして「ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop」が追加されることで、Windows、Mac、Androidに加えてLinuxクライアントでも、軽快かつ高い検出力のセキュリティ対策が可能となります。今後もESET製品は、変化を続けるお客さまの環境に対応し、幅広くニーズに応えます。

(※1) Virus Bulletin の「ウイルス検出率100% AWARD」を業界最多受賞(2015年4月時点)、AV-Comparativesの新種・亜種の検出テストにおいて、最高評価の「Advanced+」を業界最多受賞(2015年3月時点)


<ESET Endpoint Protectionシリーズのプログラム構成>
「ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop」は、ESET法人向け製品である総合セキュリティ製品「ESET Endpoint Protection Advanced」、および、ウイルス・スパイウェア対策製品「ESET Endpoint Protection Standard」の収録プログラムの一つとして追加されます。クライアント管理プログラム「ESET Remote Administrator」を利用することで、Windows、Mac、Androidの端末も含め、一元管理することができます。
[画像2: リンク ]



<ESET Endpoint Protectionシリーズの価格>
総合セキュリティ製品「ESET Endpoint Protection Advanced」、および、ウイルス・スパイウェア対策製品「ESET Endpoint Protection Standard」ともに、従来の製品価格から変更はありません。

■総合セキュリティ製品
ESET Endpoint Protection Advanced(イーセット エンドポイント プロテクション アドバンスド)(※2)
[画像3: リンク ]



■ウイルス・スパイウェア対策製品
ESET Endpoint Protection Standard(イーセット エンドポイント プロテクション スタンダード)(※2)
[画像4: リンク ]

(※2)
・1ライセンスあたり1年間の希望小売価格(税抜き)です。
・上記ライセンス価格には、登録後1年間のサポートサービスならびにプログラムとウイルス定義データベースのアップデート権利が付属しています。
・本ライセンスの使用許諾対象数は、本ソフトウェアをインストールするクライアントマシン、サーバーマシンともに、導入するハードウェア台数でカウントします。
・仮想サーバー環境においては、ESET製品をインストールする仮想OS(ゲストOS)数でカウントします。Hyper-VのホストOSへESET製品をインストールする場合は1ライセンスを追加でカウントします。

■ESET Endpoint Protection Standard スクールパック(※3)
[画像5: リンク ]

(※3)
・1年間の希望小売価格(税抜き)です。
・文部科学省認可の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、養護学校、盲学校、聾学校、看護学校の教育機関を対象とします。
・ライセンス数は無制限でご利用いただけます。
・同一学校内(敷地内)でのご利用が条件となります。

■ESET Endpoint Protection キャンパスライセンス(※4)
[画像6: リンク ]

(※4)
・文部科学省認可の国公立大学、私立大学、短期大学を対象とします。
・ライセンス数は端末台数ではなく、ご利用者数(在籍中の学生数と教職員数)でカウントします。
・在籍者数増加による、契約期間内のライセンス追加購入は不要です(学部新設など、在籍者数の大幅な変更を除く)。
・最小ライセンス数は1,000ライセンスです。


<ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop の主な機能>
・高性能なヒューリスティック機能を持つThreatSenseテクノロジーの搭載:
ESET社が開発したThreatSenseテクノロジーによって効率的にウイルス・スパイウェアなどの検出を行うことで電子メールやインターネットを経由して侵入する脅威からパソコンを守ります。新種や亜種のウイルスについては、アドバンスド ヒューリスティック機能により、高い確率で検出・駆除することができます。

・新種・既知ウイルスの検出:
ルートキット、マクロウイルス、ワーム、リスクウェア、トロイの木馬、アドウェア、ボット、ロジックボムなどのマルウェアを検出します。最新の定義データベースでも対応していない新種や亜種のウイルスは、遺伝子技術を応用したアドバンスドヒューリスティック機能を用いて検出します。既知のウイルスは、ウイルス定義データベース(シグネチャ)を用いて検出します。また、アンチステルス機能により、ルートキットなどの目に見えない不正なプログラムも検出します。

・常駐検査 (リアルタイム検査):
メモリー内で展開されたデータやファイルの作成/アクセス時に検査します。

・手動検査 (オンデマンド検査):
ユーザーの任意のタイミングでウイルス検査を実施できます。

・感染ファイルの自動駆除:
感染ファイルを自動的に駆除します。

・リムーバブルメディア アクセス制御:
USBメモリーなどからのウイルス感染防止として、リムーバブルメディアへのアクセスを制御することができます。

・スケジュールスキャン:
ユーザーが指定した日時・曜日などのスケジュールにて、自動でウイルス検査を実施できます。

・統計表示:
コンピューターの検査結果などを表示できます。

・プレゼンテーションモード (全画面表示中にユーザー操作の通知を非表示にする):
全画面モードでアプリケーションを実行中、ユーザー操作を要求するポップアップを表示しません。


<ESET NOD32アンチウイルス for Linux Desktop の動作環境>
・OS:
Ubuntu 14.04
Ubuntu 12.04

・CPU:
インテル プロセッサー(32bitまたは64bit)

・メモリ:
512MB以上

・ハードディスク:
100MB以上

・必要ソフトウェア:
kernelバージョン 2.6.Xまたはそれ以上のバージョン
glibc 2.3 または それ以上のバージョン
GTK+ 2.6 または それ以上のバージョン
LSB 3.1互換が推奨

==============================================================
■お問い合わせ先
----------------------------------------------------------------------
キヤノンITソリューションズ株式会社
ESETサポートセンター
住所 : 〒140-8526 東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル
TEL : 050-3786-2528
URL : リンク
----------------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。