logo

休眠顧客の掘り起こしをSMSを使って行うDrillSMSが正式リリース

株式会社ノーパット 2015年10月22日 10時53分
From PR TIMES

完全成功報酬型で初期・月額費用:0円、最大1000万通配信、全世界200か国以上へ配信可能

SMS(ショートメッセージサービス)を活用して休眠顧客の掘り起こしを完全成功報酬型で行います。
初期投資のリスクと顧客獲得単価を押さえながら売り上げを上げることができるサービスです。



[画像1: リンク ]



成功報酬型の広告代理店、株式会社ノーパット(東京都千代田区神田神保町 代表取締役久保 勇太)は成功報酬型の休眠顧客の掘り起こしをSMSで行うDrillSMSを正式リリースいたしました。

◇ SMS(ショートメッセージサービス)とは? ◇
SMSとはメールアドレスではなく、
電話番号を使って携帯電話のキャリア同士でメッセージを送るサービスの事です。


マーケティング担当の皆様こんな悩みを抱えていませんか?
DrillSMSは下記の様なお悩みを抱えている方のために作られました。


予算をかけて集めたアドレスにメールが届かない。
メール配信後の購入やサイトアクセスの効果が下がっている。
新規の顧客獲得にかかる経費が増えてきている。
テレマーケティング、DM、メルマガ以外の顧客掘り起こし方法を模索している。
予算をかけずに顧客を掘り起こしたい!


DrillSMSとは旧来の電話でのアウトバウンドや
ご自宅へのDM(ダイレクトメール)、パソコンやケータイメールへのメルマガ配信とは
一味違う新しい休眠顧客の掘り起しサービスです。


◇ テレマーケティングやDMなどとの比較 ◇

[画像2: リンク ]

[顧客への到達率]
[画像3: リンク ]

携帯電話の番号へ直接アプローチを行うため到達率が高いことが特徴です。
PCメールやケータイのキャリアメールの様に変更されるリスクが低いのでメールの到達率も高くなります。

[メールの開封率]
[画像4: リンク ]

メルマガや通常のDMと比べてDrillSMSの開封率は高く80~90%の方が開封します。
アクセス率は10~30%程度です。

[商品に関する情報量]
[画像5: リンク ]

DrillSMSには全角70文字という制限がある為、他のアプローチ方法と比較すると情報量は少ないですが、
YAHOOやGOOGLEなどのリスティング広告の文字数制限がタイトル15文字、説明文38文字ですので、魅力的な広告文を作る事で長文と違い端的にメリットを伝えられます。
また、広告文の作成はクライアントのリスティング運用代行を行っている弊社がお手伝いいたします。

[顧客の反応速度]
DrillSMSでは、アプローチ当日からアクションが行われます。

[顧客情報の収集力]
DMやメルマガ同様にヒアリングを行うことはできませんが
アンケートなどを送ることで需要調査を行うことが可能です。

[初期投資にかかる費用]
[画像6: リンク ]



テレマーケティングやDMの様にアプローチの為の費用は一切いただいていません。
お客様のサイトへのアクセスや購入、ダウンロードなどアクションがない限り費用は一切いただきません。

[顧客掘り起しの達成度]
[画像7: リンク ]

DrillSMSの到達率と開封率が他のアプローチ方法と比べ格段に高い事と、端的に顧客へ伝えたいメッセージを伝えることが出来るため、一度のご利用で高いCVRが見込めます。
顧客が商品やサービスを忘れていたころにアプローチが出来るDrillSMSは効果絶大です。

[画像8: リンク ]


◇ 導入に適した業種一覧 ◇
小売り・ECサイト・写真館・ショッピングモール
・各種専門小売・自動車関連・金融関連・旅行・レジャー・ヘルスケア・人材採用・求人・教育など

具体的な活用事例はこちらでわかりやすく説明しております。
URL:リンク


◇ 料金 ◇
クリック課金(CPC):0円~
CV課金:0円~


導入リスクを抑えて、休眠顧客の掘り起しで結果を出したいならDrillSMSが効果的です。
お問い合わせいただければ全国対応でご説明に上がります。

DrillSMSや掘り起しについて、どんな些細なことでもご質問ございましたら
まずはお気軽にお問い合わせください。

[画像9: リンク ]

【本リリースに関するお問合せ先】
プレパURL:リンク
株式会社ノーパット 担当:久保
東京都千代田区神田神保町2-8-7 西秋ビル5F
MAIL: info@nopat.jp
TEL: 03-6365-6230
FAX: 050-3488-8665
HP: リンク

【その他提供サービス】
読者プレゼントを提供会社してくれる会社を探している雑誌が検索できるサイト『プレパ』
URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事