logo

「就活にかかったお金はいくら?」~就活をスタートしてからかかった交通費の平均は4万8633円、交通費以外にかかった費用の平均額は、3万8734円という結果に~


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:柳川昌紀)が運営する、いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』(リンク)は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。今回は「就活にかかったお金はいくら?」をテーマにアンケートを実施いたしました。

▼「就活にかかったお金はいくら?」
記事はこちらから
リンク


――――――――――――――――――――
■学生の居住地域により交通費に大きく差が出るという結果に。また、就活費用の節約術についても公開。
――――――――――――――――――――

内定を得た企業に2016年4月に入社予定の短大2年生、大学4年生、大学院2年生1604人(うち男子学生630人、女子学生974人)を対象にアンケートを実施。(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2015年9月17日~9月27日)。

就活にはスーツや靴などの就活グッズの用意や、説明会・面接会場への交通費などのお金がかかります。そこで今回は、就活にどのくらいお金がかかったのかを、内定を得た短大2年生、大学4年生、大学院2年生に聞いてみました。

まず、2015年3月に就活をスタートしてからかかった交通費の額を尋ねたところ、全体の平均は4万8633円でした。しかし、内訳を見ると、その半数以上となる53.6%は1万円以下で収まっていました。その一方で、10万円を超えた就活生も18.5%に上るなど、二極分化の傾向が見られ、交通費が多くかかった学生によって全体の平均額が押し上げられたことがわかりました。交通費が一番多くかかっていた学生たちは、交通費だけで50万円ほどがかかっており、特に九州地方の学生が多く見られました。属性別では、大学生の平均額4万6867円と比べて、大学院生の平均額が6万2538円と高く、対して短大生の平均額は1万9212円と極端に低くなり、大きく差が出る結果となりました。学生の居住地域別に見ると、首都圏は3万4957円、東海圏は4万1948円と、平均より少ない一方で、関西圏が5万3798円、そのほかの地域が6万7273円と、全体平均を上回る傾向が見られました。

次に、就活にかかったほかの費用について尋ねたところ、「スーツ代」「靴代」「バッグ代」「シャツ・ブラウス代」「ネクタイ代」のうち、一番高かったのは「スーツ代」で、平均額は4万円近くに上りました。「靴代」もほぼ1万円となり、「バッグ代」「シャツ・ブラウス代」が8000円前後となりました。男女別に見ると、「スーツ代」では、男子学生の平均4万5522円に対して、女子学生が平均3万5749円と、1万円近い差が開いており、「靴代」「バッグ代」「シャツ・ブラウス代」においても同様に、男子学生の方が女子学生よりも出費が多い傾向が見られました。「もともと持っていて買わずにすんだ」「手持ちのもので代用した」「家族や先輩からもらった」などの理由で買わずにすませた学生の割合は、「バッグ代」が一番多く、29.7%の学生が、就活用に新たにバッグを買わなかったことになりました。反対に、シャツ・ブラウスを買わなかったのはわずか1.8%にとどまり、ほぼ全員が就活のためにシャツやブラウスを購入したことがわかりました。交通費以外にかかった費用のトータルの平均額は、3万8734円となり、男子学生の平均額4万7079円に対して、女子学生は3万3337円と、やはり男子学生の出費が上回る結果となりました。

「就活費用の節約術は?」という問いには、「同じ日に何件かの用事があるときには、地下鉄の1日乗車券を使う」「スーツや靴は入学式で購入したものを使用。バッグは姉のお下がりを使った」「夜行バスで移動し、宿泊にはカプセルホテル、ネットカフェを使う」「1駅分なら歩く。カフェには入らず、ファストフード店の100円コーヒーで空き時間をつぶす」といった声が寄せられ、交通費や飲食費、小物に至るまで、倹約を心がけている就活生たちの姿が浮かび上がりました。


▼「就活にかかったお金はいくら?」
記事はこちらから
リンク

▼いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』はこちらから
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事