logo

エイジア、メタデータと人工知能技術や自然言語解析技術等を活用した研究開発で株式会社メタデータと協業

メールマーケティングシステムを提供する株式会社エイジア(本社:東京都品川区、社長:美濃 和男、上場証券取引所:東証マザーズ[証券コード2352] 以下 当社)は、人工知能型“顧客の声”分析エンジン等を提供するメタデータ株式会社(本社:東京都文京区、社長:野村 直之、以下 メタデータ社)と、人工知能技術(※1)や自然言語解析技術(※2)等を活用したマーケティングソリューションの共同研究・開発を目的とした資本・業務提携を行うことについて、平成27年10月19日開催の取締役会において決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.資本・業務提携の理由
 当社は、「“メールアプリケーションソフトのエイジア”から“eコマース売上UPソリューションを世界に提供するエイジア”へ」をスローガンに掲げ事業領域の拡大を進めております。
 平成27年7月21日にはマーケティングオートメーション「WEBCAS Auto Relations」を発表(正式な製品名は平成27年9月29日に発表)し、“eコマース売上UP”を実現する新たなマーケティングプラットフォームの開発に注力しております。

 一方メタデータ社は、メタデータ(※3)活用技術やセマンティック技術(※4)の応用ソフトウェアの提供を通して、企業の経営課題や各種マーケティング課題を解決に導く会社です。
 意味解析技術を駆使した評判分析システムや風評監視システム、Web対話ロボット等のソリューションをはじめ、ビッグデータ解析・人工知能型アルゴリズムを活用した「顧客の声分析エンジン(VoC分析AIサーバ)」等を提供しています。
 人工知能をもとにしたテキストマイニング技術や、手動では不可能な「各種データを元に一人ひとりのユーザに合った仕事を紹介する」等のマッチング技術、機械学習による全体最適化技術等、高精度なマーケティングを実現するための高い技術を保有しています。

 当社は今後“eコマース売上UPソリューション”の高度化をはかるうえで、メタデータ社が持つ技術と同社代表取締役の野村 直之氏の高度な研究成果が不可欠だと考え、資本関係を前提により強固な関係を構築し、共同研究および共同での新製品開発を行うことといたしました。

※メタデータ 代表取締役 野村 直之氏の略歴

1984-1996 NEC C&C研究所
1993-1994 マサチューセッツ工科大・人工知能研究所に日本人唯一の客員研究員として所属、CICC近隣諸国機械翻訳プロジェクト兼務出向(1987-8)、EDR日本電子化辞書研究所出向(1991-2)
1997-2001 ジャストシステム開発本部
2001-2003 個人事業 兼 法政大学エクステンションカレッジ・ディレクタ(IT実践講座担当)
2002-2004 法政大学大学院ITPC兼任講師
2003-2005  (株)リコー ソフトウェアGlobal MOT担当
2003-2005 W3C (World Wide Web Consortium) Advisory Committee委員
2004-2010  法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科・客員教授(現在は講師)
2005-現在  慶應大学SFC研究所上席所員
2006-2008 同志社大学ビジネススクール兼任講師
2005-現在 メタデータ株式会社 代表取締役社長

その他、人工知能、ビッグデータ分析の第一人者として、著名メディアへの寄稿および講演実績多数。

2.資本・業務提携の内容等
 本業務提携により、両社は以下の取り組みを行う予定です。
(1) 自然言語解析技術や人工知能技術等を活用したマーケティングソリューションの共同開発
(2) その基礎技術となる研究を目的としたシンクタンク機関の発足(予定)

3.業務提携の相手先の概要
(1)名称 メタデータ株式会社
(2)所在地 東京都文京区本郷3-25-4 津久井21ビル4F
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役 野村 直之
(4)事業内容 自然言語解析技術や人工知能技術等を活用した分析ツールの提供
(5)資本金 51,623千円
(6)設立年月 2005年12月
(7)URL リンク

4.日程
平成27年10月19日 当社取締役会、資本・業務提携基本契約書締結

■株式会社エイジアについて
e-CRMシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズ(リンク)の提供をコアビジネスとして、インターネットビジネスの戦略からウェブサイトの構築・運営・販売促進までをワンストップで支援する、インターネット・マーケティング・ソリューションカンパニーです。

主な事業内容  CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズの開発・販売、ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発、ウェブコンテンツの企画・制作
所在地  東京都品川区西五反田7-21-1
代表者  代表取締役 美濃 和男
設立  1995年4月
資本の額  3億2,242万円
上場証券取引所   東証マザーズ (証券コード:2352)
URL  リンク


【注釈】
(※1)人工知能技術
コンピュータが人間と同様の知能を実現させるための一連の基礎技術

(※2)自然言語解析技術
人間が日常的に使う言語(自然言語)をコンピュータに処理させるための一連の技術

(※3)メタデータ
データそれ自身に付加されているデータのこと。たとえば書籍データに対する、著者名、ジャンル、発表年月日等。

(※4)セマンティック技術
複雑な情報を人間が判断するのと同様にコンピュータが判断し大量高速処理をできるよう変換するための技術。


●本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エイジア 経営企画室 藤田 雅志
TEL : 03-6672-6788(代表) FAX : 03-6672-6805 E-mail :azia_ir@azia.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事