logo

日本国内の約3,960万人が脱毛進行中 20代男性が増加傾向に!2015年「頭髪悩み度」調査発表

株式会社毛髪クリニックリーブ21 2015年10月20日 15時30分
From 共同通信PRワイヤー

20151020

株式会社 毛髪クリニック リーブ21

日本国内の約3,960万人が脱毛進行中
20代男性が増加傾向に! 薄毛・脱毛の若年化が進行!?
ー 2015年「頭髪悩み度」調査発表 ー

株式会社毛髪クリニックリーブ21(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下リーブ21)は、全国のインターネットユーザー(10代から60代以上の各年代層・男女)計4,800名を対象に、「頭髪に関する悩み度調査」を実施いたしました。その結果、「あなたは頭髪について、薄毛や脱毛が進んでいると思いますか?(SA)」という質問において、“進んでいる”と回答された方は男性で39.5%、女性で20.8%いることが分かりました。これは総務省統計局の人口推計から算出すると、日本国内で約3,960万人の方が薄毛や脱毛において悩みを抱えていることになります。

前回調査(2013年)と比較すると、脱毛進行中の人口は約4,200万人から約240万人減少しているものの、依然高い数値を示しています。さらに、「薄毛や脱毛が進んでいる」という質問において“進んでいる”と回答された方に薄毛や脱毛を自覚した時期を質問したところ、男性では「20代から」と回答した方が29.6%と前回調査より約6%増加しており、薄毛・脱毛に悩む方の若年化が示唆されました。

リーブ21では、“脱毛に悩む全ての方たちに喜びと自信を取り戻すこと”を使命とし、今後も「発毛」を通じて社会に貢献する企業であることを目指します。

【頭髪悩み度調査 概要】
・調査目的 男女・各年代別の薄毛・脱毛の度合いをはかる。さらに、脱毛進行者の推計値算出のためのデータを収集する。
・調査対象者 エリア/全国、性/男・女、年齢/10代から60代以上の各年代層
・回収数 性別×年代の各セルで各500名 合計4,800名(12セル)
※10代と60代以上はパネル数が不足しているため各200名
・調査方法 インターネット調査
・実査期間 2015年7月10日(金)~7月20日(月)

■ リーブ21ホームページ
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。