logo

TX300P-1800販売開始のお知らせ

株式会社ミマキエンジニアリング 2015年10月20日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月20日

株式会社ミマキエンジニアリング

エントリーモデル ダイレクト捺染インクジェットプリンタ                 
Tx300P-1800

株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/小林 久之)は、テキスタイル・アパレル向け1.8m幅 Roll to Rollダイレクト捺染インクジェットプリンタ『Tx300P-1800』の販売を2015年12月より開始いたします。「Tx300P-1800」は、発売以降14年間世界中で愛用されている「Tx2-1600」の後継モデルとして、小ロット生産やサンプル作成、デザイナーや教育の場などにご提案いたします。

近年、テキスタイル・アパレル市場では、版を使った従来のアナログ印刷から、版を必要としないデジタルプリントへの移行が進んでおります。アパレルの市場は、生産コストの安い地域での大量生産から、消費地近くでの短納期・少量多品種生産に移行しています。その流れはさらに加速し、インターネットを利用した受発注を行うことで、消費者個人が自由にカスタマイズした“世界に1つだけのアイテム”を大量に生産する“究極のオンデマンド生産”が始まっています。当社は、「欲しいアイテムを探す」時代から「欲しいアイテムにカスタマイズして注文する」時代に移ると考え、プリンタユーザーがそれを実現するためのソリューションを提案してまいります。

これまで布にダイレクトでプリントする場合には、布の種類によって変化する厚みに合わせてヘッドギャップを細かく調整する必要がありました。また、繊維の毛羽立ちを考慮してヘッドギャップを高く設定せざるを得ない場合もありました。しかし、調整が不十分なヘッドギャップや、高すぎるヘッドギャップはインクの着弾精度が落ち、高画質でのプリントが困難です。『Tx300P-1800』は、吐出するインクのスピードを速くし直進性を高める新型ヘッドを搭載することで、インクの着弾精度を高めハイギャップでの高画質プリントを実現しました。また、独自の布送り機構により布にかかるテンションを一定に保ち、高速プリント時でも安定した画質を維持します。さらに、当社が追求してきた『美しいプリント』をこれまで培ってきたプリント技術で実現します。新型のヘッドを搭載することで、従来機の約2倍※1のプリント速度を実現します。インクは用途に合わせて、昇華染料インク、分散染料インク※2、捺染顔料インク※2、反応染料インク※2、酸性染料インク※2の5種類からお選びいただけます。

『Tx300P-1800』は、当社独自のマシン機能、プリント技術、インク技術で美しく、高精度なダイレクト捺染が可能な “エントリーダイレクト捺染インクジェットプリンタ”です。

※1:DS-1800との比較、昇華染料インクSb420使用時
※2:後日対応予定

◎ 特長
 ●各種布への対応力を高める新型ヘッド
 ●安定したプリントを実現する独自の布送り機構
 ●美しさを追求するMimakiのプリント技術
 ●「仕事を止めない」連続運転ソリューション
 ●豊富な捺染インク
 ●高機能RIPソフトウエア『TxLink3 Lite』

<Webサイト>
リンク


■株式会社ミマキエンジニアリングについて
 株式会社ミマキエンジニアリングは、業務用インクジェットプリンタ、カッティングプロッタ及びインク等の開発・製造・販売・保守サービスを一貫して行う開発型企業として、「新しさと違い」にこだわり、常に先進性と独自性のある製品を提供しております。販売市場は、広告・看板等の製作用途のSG(サイングラフィックス)市場、工業製品や一般消費者向け商品等の加飾用途のIP(インダストリアルプロダクツ)市場、衣料品や布地等への捺染用途のTA(テキスタイル・アパレル)市場の3つであり、連結売上高の約75%を海外で獲得するグローバルな事業展開を行っております。当社が他に先駆けて提案してきたインクジェットプリンタによるデジタル・オンデマンド生産は、産業界でニーズが高まりつつある多品種少量生産を低コストかつクリーンに実現できることから、その利用領域が全世界的に急拡大しております。当社は、市場に存する多様なニーズを迅速かつ的確に捉え、そこに狙いを絞った製品を素早く提供することで、今後もデジタル・オンデマンド生産のマーケットリーダーとして新たな市場と顧客を創出してまいります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。