logo

IT機器管理の“ハイブリッド化”をデータセンター展(10/28~30、幕張メッセ)で体感!

日本ラントロニクス株式会社 2015年10月20日 10時00分
From PR TIMES

本社から各拠点のIT機器の運用状況や電源をリモートで保守・管理する リモートブランチオフィスマネージャー《SLB》

米国ラントロニクス社(Lantronix, Inc. カリフォルニア州;NASDAQ LTRX)の日本法人
日本ラントロニクス株式会社(東京都港区)は、リモートでコンソールや電源を保守・管理する省スペース・省コストのリモートブランチオフィスマネージャー《LANTRONIX SLB》を、10/28(水)~30(金)に幕張メッセで開催される「第4回データセンター展」に出展。1台に各種IT機器のコンソールへのアクセスと電源管理の機能を搭載した一体型リモートブランチオフィスマネージャー《LANTRONIX SLB》の優位性を、デモを交えて紹介します。



[画像: リンク ]


《LANTRONIX SLB》は、19インチラックの1Uサイズで、セキュアなコンソール管理(8シリアルポート)とリモート電源管理(8スイッチング電源コンセント)の機能を搭載したリモートブランチオフィスマネージャーです。本社などの管理拠点からIT管理者のいない支店や営業所の各種IT機器のコンソールをリモートでアクセスして保守・管理できるだけでなく、電源の管理機能も内蔵し、リモートでシステムを再起動することができるため、管理者はデスクにいながら、支店や営業所の各種IT機器を管理することができます。

KVMスイッチ《LANTRONIX Spider》と一緒に使用することで、完全にBIOSレベルのコントロールができるため、社内のネットワークがダウンした状態でも、リモートでコントロールでき、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。


【リモートブランチオフィスマネージャー《LANTRONIX SLB》の特長】
● 支社・支店・営業所・キャンパスなどリモートブランチオフィス環境に適したコンパクトでハイブリッドな設計
● セキュアなコンソール管理(8シリアルポート)、リモート電源管理(8スイッチングACアウトレット)、二重化用の2つのAC電源
● 第一の電源が切れた場合、第二の電源ソースに電源を自動切り替え
● ACアウトレットごとの電流計測
● セキュリティ認証:
セキュアシェル(SSH v1、v2、パブリックキー)
セキュアソケットレイヤー(SSL v3、TLS v1)
パケットフィルタリング(ファイアーウォール)
リモートユーザー認証(LADP、Active Directory、NIS、RADIUS、Kerberos、TACACS+)
● vSLMマネージメントプラットホームの同時使用で、一拠点からの集中管理を実現
● フロントパネルキーパッド/LCDディスプレイで簡単操作

【市場】
《LANTRONIX SLB》は、銀行、金融、保険、ヘルスケア、フランチャイズ/小売店舗、ホテル、教育機関など、さまざまな分野でお使いいただけます。

製品詳細
リンク

第4回 データセンター展 秋にて展示・デモ
日本ラントロニクスは10月28日(水)から30日(金)までの3日間、幕張メッセで開催される「2015 Japan IT Week 秋」内【第4回データーセンター展 秋】に《LANTRONIX SLB》を出展、デモを行います。
(小間番号:16-16)
詳細
リンク

ラントロニクス社(Lantronix, Inc. / Kurt Busch CEO)
米国カルフォルニア州アーバイン市に本社を持つNASDAQ(LTRX)上場企業。
設立は1989年。長年培ってきたLAN、TCP/IPなどのネットワーク技術をベースにしたネットワーク機器を市場に出荷している。
特にIT市場へのコンソールサーバー、KVM、工業製品市場へのデバイスサーバーでは多くの実績を上げ、今までに300万台を超える機器を市場に出荷している。
現在、米国をはじめ欧州、アジア、日本に現地拠点を持ち世界市場への展開を行っている。
URL>>> リンク

日本ラントロニクス株式会社
米国ラントロニクス社の日本法人として2003年2月に設立され、日本市場の開拓を行っている。
東京都港区に事務所を構える。
URL>>> リンク

▼このニュースリリースに関するお問い合わせ
日本ラントロニクス株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂4-7-15 赤坂丹後ビル7F
電話:03-6277-8802 担当:有賀(ありが)
E-mail:japan_sales@lantronix.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事