logo

テクトロニクス、「国際放送機器展 Inter BEE 2015」にて 4K映像技術と品質をサポートする最新のビデオ信号測定ソリューションを展示

テクトロニクス 2015年10月20日 10時58分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2015年10月20日

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、11月18日(水)~11月20日(金)の3日間、幕張メッセで開催される、「InterBEE 2015」(国際放送機器展)に出展します。 テクトロニクスのブース(ホール3 ブース:3111)では、「4K映像技術と品質をサポートする最新のビデオ信号測定/ファイルベースQCソリューション」をテーマに、4K規格に対応した波形モニタリングや、ファイルベース・コンテンツ運用、4Kコーデックの設計/開発に対応する、新たなテスト/計測ソリューションを紹介します。

<出展ソリューション・出展製品> 映像・放送関連機材部門/ホール3 ブース:3111

・ベースバンド計測/モニタリング・ソリューション
導入後に4K対応にアップグレード可能な、4K/UHDTV1から3G/HD/SD-SDI、Dual Link、コンポジット・ビデオまでサポートするWFM8300型波形モニタ、WVR8300型ラスタライザによる4K映像の測定デモンストレーション、高信頼の同期信号システムであるTG8000型信号ゼネレータ、マスタ・シンク/マスタ・クロック・リファレンス・ゼネレータSPG8000型、3G-SDI信号に対応した9ch自動チェンジ・オーバ・ユニットECO8000型を展示します。さらに、EYE表示機能を搭載した、バッテリ動作可能な3G/HD/SD-SDI対応コンパクト波形モニタWFM2300型、HDMI/HDCP接続が可能なWFM5250型も紹介します。

・IPTV/MPEGソリューション
4K映像HEVC解析をサポートする、世界のデジタル放送システムやIPTVに対応したMPEG-TSリーモート・モニタMTS4000型 MPEGトランスポート・ストリーム・モニタや、次世代動画像符号化規格HEVC/H.265に対応し、ES解析と規格適合試験が実行可能なMTS4EAV7型 HEVC/AVCビデオ&オーディオ・アナライザなどのMPEGテストシステムや、多チャンネル対応QoEモニタリング・ソリューション Sentryを展示します。

・ファイルベース・ソリューション
ファイルベースQCの新しい製品ラインアップであるAurora、Hydra、Autofix、HEVC検査に対応した最新バージョン(ver7.9)を搭載したファイルベース・ビデオ品質管理の完全自動化システムCerify、アマゾンAWS環境でのクラウド・メディア・ワークフローに対応したQCloudを紹介します。

・リアルタイム・スペクトラム・アナライザ
9kHz~6.2GHzの周波数帯域に対応し、フィールドでの使用にも適した小型・計量・高性能を実現した、片手で持てるUSBリアルタイム・スペクトラム・アナライザRSA306型を展示いたします。

<テクトロニクスについて>
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開し、優れたサービスとサポートを提供しています。詳しくはウェブ・サイト(jp.tektronix.com)をご覧ください。


<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク


<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com


TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。