logo

「『在宅勤務』に転職したい」3 人に2 人が回答。しかも男性のほうが在宅勤務を強く望む結果に。フリーランス&在宅勤務の女性 約4 割が「うらやましい」

株式会社 アイ・ディ・アクセス 2015年10月19日 14時07分
From PR TIMES

【お仕事に関する調査】全国の20 ~ 49 歳の有職者※女性150 人、男性150 人に聞きました

ファッション・コスメ業界に特化した人材会社iDA (アイ・ディ・アクセス 代表取締役 加福真介) は、ファッション・コスメ業界や働く人の意識の動向について、いち早く把握をするために独自で調査を行っております。今回は2015 年9 月4 日(金) ~ 7日(月) の4 日間、有職者※女性150 人、男性150 人、計300 人を対象に、「お仕事に関する調査」をテーマにしたインターネットリサーチを実施しました。



■調査背景
女性の活躍や売り手市場が進み、10 年ほど前とは男女での仕事観が違ってきたと感じます。「ブラック企業」は口コミでバッシングされ、適度な働き方が改めて見直されている、まさに意識の過渡期を迎えている現代。働き盛りの世代は働き方にどのようなイメージを持っているのでしょうか。 20 代~ 40 代の有職者女性150 人、男性150 人、計300 人を対象に調査を致しました。報道の一資料として是非ご活用ください。

【調査概要】
1. 調査の方法…株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEB アンケート方式で実施
2. 調査の対象…全国の20 ~ 49 歳の有職者※女性150 人、男性150 人を対象に実施
3. 有効回答数…300 人(20 代女性50 人、30 代女性50 人、40 代女性50 人、20 代男性50 人、30 代男性50 人、40 代男性50 人)
4. 調査実施日…2015 年9 月4 日(金) ~ 7 日(月)
※有職者…雇用形態は不問(正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイト含む)

■調査の項目と回答概要
Q1●あなたは、ご自身が働いている会社の就業規則をしっかり知っていますか(単一回答)
全体では「しっかり知っている」「ある程度は知っている」を足しあげると、70.6%が「知っている」と回答。内訳は、男性のほうがやや多い結果に。

Q2●毎日在宅にて勤務できる仕事に転職できるとしたら働きたいと思いますか(単一回答)
全体では「はい」62.7%と、約3 人に2 人が在宅勤務で働きたいと答えました。男女別でみると、男性64.0%、女性61.3%と、男女に大きな差はみられないものの少しだけ男性のほうが多い結果になりました。

Q3●在宅勤務をするとしたら、週何日の在宅勤務が理想ですか(単一回答)
全体では「在宅勤務は望まない」20.7%が最も多く、続いて「毎日」「週4 日」いずれも19.0%。「週3 日以上在宅勤務を望む」を足し上げると55.7%となり、約半数が週3 日以上の在宅勤務を望んでいるようでした。

Q4●あなたは、フリーランスで在宅勤務を行う女性をどう思いますか(複数回答)
全体では「うらやましい」38.3%が最も多い結果に。特に女性は「うらやましい」42.7%、「かっこいい」37.3%などポジティブな印象がある様子です。ネガティブな意見は少ない結果となりました。

Q5●あなたは月に平均してどの程度残業していますか(単一回答)
全体で「10 時間未満」「残業はない」を足しあげると55.7%と、約半数の人が残業をしていないか、していないに等しいようです。


■調査詳細
Q1●あなたは、ご自身が働いている会社の就業規則をしっかり知っていますか(単一回答 n=300)

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

全体では「しっかり知っている」「ある程度は知っている」を足しあげると、70.6%が「知っている」と回答しました。その内訳を男女別で見ると、男性の中では78.0%が「知っている」と回答したのに対し、女性の中では63.3%が「知っている」と回答、女性のほうが少ない結果になりました。


Q2●毎日在宅にて勤務できる仕事に転職できるとしたら働きたいと思いますか(単一回答 n=300)

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

全体では「はい」62.7%と、約3 人に2 人が在宅勤務で働きたいと答えました。男女別でみると、男性64.0%、女性61.3%と回答し、男女に大きな差はみられないものの少しだけ男性のほうが多い結果になりました。


Q3●在宅勤務をするとしたら、週何日の在宅勤務が理想ですか(単一回答 n=300)

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

全体では「在宅勤務は望まない」20.7%が最も多く、続いて「毎日」「週4 日」いずれも19.0%。「週3 日以上在宅勤務を望む」を足し上げると55.7%となり、約半数が週3 日以上の在宅勤務を望んでいるようです。男女別では「毎日」は男性22.0%に対し女性16.0%。「在宅勤務は望まない」は男性17.3%に対し女性24.0%となりました。


Q4●あなたは、フリーランスで在宅勤務を行う女性をどう思いますか( 複数回答 n=300)

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

全体では「うらやましい」38.3%が最も多い結果に。特に女性は「うらやましい」42.7%、「かっこいい」37.3%などポジティブな印象がある様子です。全体で「大変そう」33.3%は2 番目に多い意見でしたが、「寂しい」3.0%、「恥かしい」0.3%、「かっこ悪い」0%など、あまりネガティブな意見にはポイントは集まりませんでした。

Q5● あなたは月に平均してどの程度残業していますか(単一回答 n=300)

[画像9: リンク ]

[画像10: リンク ]

全体で「10 時間未満」「残業はない」を足しあげると55.7%と、約半数の人が残業をしていないか、していないに等しいようです。逆に、「40 時間以上」を足しあげると9.3%となり、約10 人に1 人は40 時間以上の残業をしていることが分かりました。


■iDA (株式会社アイ・ディ・アクセス)について

URL:
リンク

【メディア掲載実績】
東京テレビ「ガイアの夜明け」、日経新聞、繊研新聞、産経新聞、WWD、ヤフー他多数


[表: リンク ]



1999 年3 月に設立した、アパレル・ファッション・コスメ業界に特化したプロフェッショナルカンパニー。業界スペシャリティとして唯一47 都道府県を網羅し、キメ細やかなサービスを提供、独自の地位を築いてきました。ファッション・コスメ業界の数多くの著名ブランドの人材パートナーとして、 1500 社以上の取引先企業からの支持を得ており、人材紹介・人材派遣・教育・店舗運営・出店コンサルティング等を行っています。
「WORKING DREAM(R)」(働くことによって、夢を実現させよう)という理念を基に、常時5000 人以上の派遣販売スタッフが活躍し、近年は、「販売員の地位向上」「女性の就業機会の拡大」にも積極的に取り組んでいます。

[画像11: リンク ]

■iDA(アイ・ディ・アクセス)が【ファッション求人ブランド数No.1 エージェントサイト】【コスメ求人ブランド数No.1 エージェントサイト】を獲得!

株式会社ネオマーケティングによる「ファッション求人ブランド数調査」にて、2015/4/21-30 の期間で調査を行い、エージェントサイトとして【ファッション求人ブランド数No.1】【コスメ求人ブランド数No.1】共に獲得を致しました。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。