logo

EdTech分野のフロントランナーであるデジタルハリウッド大学の佐藤昌宏教授がプロデュースする「eラーニングアワード EdTechトラック」10/30に開催

デジタルハリウッド大学大学院にて「教育×ICT」のイノベーションを牽引するEdTechのフロントランナーである佐藤昌宏教授が「eラーニングアワード EdTechトラック」をプロデュース。
デジタルテクノロジーを活用して教育にイノベーションを起こそうとするムーブメント「EdTech」。
海外から始まったこの動きは日本の公教育や企業研修・人材育成にどんな影響を与え、これから何をもたらすか ー 。
「eラーニングアワード EdTechトラック」では、EdTech分野を早くから研究・実践しているフロントランナーである佐藤教授を中心に、幅広いEdTechプレイヤーをお招きし、世界の潮流、新しい教育の在り方を約4時間に渡り議論します。(EdTech Japan Pitch Festival同時開催)




 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院に於いて研究実践科目「Effective Learning Lab」を担当し、「教育×ICT」のイノベーションを牽引する佐藤昌宏教授が、「eラーニングアワード EdTechトラック」をプロデュースいたします。

[画像1: リンク ]



 デジタルテクノロジーを活用して教育にイノベーションを起こそうとするムーブメント「EdTech」。海外から始まったこの動きは日本の公教育や企業研修・人材育成にどんな影響を与え、これから何をもたらすのでしょうか。今回の「eラーニングアワード EdTechトラック」では、EdTech分野を早くから研究・実践しているフロントランナーである佐藤教授を中心に、幅広いEdTechプレイヤーをお招きし、世界の潮流、新しい教育の在り方を約4時間に渡り議論いたします。(EdTech Japan Pitch Festival同時開催)

 事前登録をしていただいた方は入場無料です。(当日参加1,000円)
 皆様のご来場をお待ちしております。


◆「eラーニングアワード」
 リンク

◆「eラーニングアワード EdTechトラック」
 リンク


佐藤 昌宏(さとう・まさひろ)
デジタルハリウッド大学大学院 教授

デジタルハリウッド大学大学院にて、教育にデジタルテクノロジーを活用してイノベーションを起こす取り組み、「EdTech」に関するゼミ、研究室を担当。EdTech分野での起業経験や本学大学院事務局長などの経験から実務家教員として学生の指導にあたる。大企業や世界規模で行われている起業家育成プログラムのメンター、審査員なども数多く歴任し、EdTech分野のフロントランナーとして、教育×デジタルテクノロジーの先端動向を研究、広く発信している。


<eラーニングアワード EdTechトラック 開催概要>
■日 時: 2015年10月30日(金)13:40~17:50
■会 場: ソラシティ カンファレンスセンター
      東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ2F
■費 用: 無料(当日参加1,000円)
■主 催:eラーニングアワードフォーラム実行委員会 / フジサンケイビジネスアイ
■プロデュース: デジタルハリウッド大学大学院 Effective Learning Lab(佐藤昌宏研究室)
■お申し込み: 下記のURLよりご登録ください。
       リンク

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



<eラーニングアワード EdTechトラック プログラム詳細>
■第一部:
「EdTech Japan Pitch Fes&eラーニングアワード(EdTech賞)」
2012年から開催されている「EdTech Japan Pitch Fes」。これまで教育にイノベーションを起こそうとするスタートアップ達30社以上の熱き想いを発信してきました。あれから三年。教育業界はどのように変わってきたのでしょう。第6回となる今回は、第12回 日本e-Learning大賞 EdTech賞受賞者も含めたイノベーター達が登壇します。既成概念にとらわれず、新しい何かに挑戦しているEdTechイノベーター達の想いを存分に伺います。

【SPEAKERS】
●日本e-Learning大賞、EdTech賞受賞枠
坂和 寿忠氏(株式会社サカワ 常務取締役)
磯津 政明氏(株式会社ソニー・グローバルエデュケーション 代表取締役社長)
三富 裕哉氏(株式会社リップル・キッズパーク 代表取締役)

●EdTech Japan Pitch Fes 枠
庄司 裕一氏(センセイプレイス株式会社 共同創業者兼CEO)
神野 元基氏(株式会社COMPASS 代表)
柴藤 亮介氏(株式会社エデュケーショナル・デザイン 代表取締役)

■第二部:
「新進気鋭、教育×ICTジャーナリストは教育の今をどう見ているのか?
~今年最も気になるEdTechニュースと少し早い来年のトレンド予想~」
EdTechムーブメントの立役者である教育×ICTメディア。最近では新しい独自の視点で伝える教育×ICTジャーナリスト、ライター達が増え始めました。そんな彼らは今の教育をどのように見つめ、何を感じているのでしょうか。また、今年最も気になったEdTechニュースを伺いながら来年のトレンドを予想します。

※第二部では皆様が今年最も気になったEdTechニュースを募集しております。
 リンク

【SPEAKERS】
●パネリスト
小宮山 利恵子氏(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 教育政策担当/東洋経済オンラインIT教育ライター)
神谷 加代氏(教育ITライター)
野本 竜哉氏(一般社団法人iOSコンソーシアム 文教ワーキンググループリーダー)
佐久間 健光氏(株式会社ファンオブライフ 代表取締役 EdTech Media編集長)

●モデレーター
佐藤 昌宏(デジタルハリウッド大学大学院 教授)

■第三部:
「EdTechのグローバル化「Globalization of Edtech」
- How should we build the future of education globally and domestically?
外資系EdTech企業やベンチャーキャピタルの日本への注目度が一気に高まっています。海外での大きなイノベーション実績と多額な資本を持った彼らは何を考え、何を目的にしているのでしょうか。同時に、日本から海外を目指すスタートアップ達も増え始めています。先日開催した、EdTech JAPAN Global Pitchでは、13社のEdTechスタートアップ達が世界への足がかりを得るため想いを発信しました。これらのインバウンド(世界から日本へ)、アウトバウンド(日本から世界へ)というトレンドは、今後どのようになっていくのでしょうか。多彩なパネリストとともに議論します。

【SPEAKERS】
●パネリスト
田中 晃氏(KNEWTON アジア太平洋地域ビジネス開発本部長)
山本 秀樹氏(Minerva Schools at KGI 日本連絡事務所代表)
加藤 智久氏(株式会社レアジョブ 代表取締役会長)
佐藤 勝彦氏(TANREN株式会社 代表取締役社長)
Allison Baum氏(Managing Partner Fresco Capital)

●モデレーター
平田 旭 氏(Triple Junction株式会社 Managing Director)

■第四部:
「国際派戦略コンサルタント、ショーンK氏の描く人材育成、リベラルアーツの本質とは?」
各種メディア出演、コメンテーターなど多忙を極める国際派戦略コンサルタント、ショーンK氏自らが校長(FOUNDING HEADMASTER)を務める、今年三期目となるビジネススクール、MSB(Make IT school of business)とは? これからを生き抜くビジネスパーソンにとって必要なスキルと成長のヒントを伺います。
リンク

【SPEAKERS】
ショーン・マクアードル川上(ショーンK)氏
佐藤 昌宏 (デジタルハリウッド大学大学院 教授)

■お申し込み : 下記URLよりご登録ください。
        リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。