logo

『【実践PMの重要な技法】モンテカルロ分析』開講(キバンインターナショナル)

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)のニュースリリース

報道関係者各位
プレスリリース

2015年10月16日
株式会社キバンインターナショナル
===================================
   『【実践PMの重要な技法】モンテカルロ分析』開講
===================================

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役
中村央理雄)は、10/16(金)、eラーニング『【実践PMの重要な技法】モンテカルロ分析』を開講しました。

PMP試験受験後のための、実践的学習をすることができる講座です。

視聴は リンク から。


【講座名】
【実践PMの重要な技法】モンテカルロ分析

【講座概要】
『【実践PMの重要な技法】モンテカルロ分析』は、PMP試験対策eラーニング講座『PMP受験のための35時間PM講座(第5版準拠)』受講者、またはプロジェクトマネジメントに携わる方を対象としたeラーニング講座です。モンテカルロ分析について実践的な内容を学ぶ事ができます。講師の小谷野先生が、試験対策のほかにも、実際の現場で役立つ知識を公開したいとのことで無料公開しています。

【講師  小谷野正博 プロフィール】

昭和48年4月富士通株式会社入社 ITエンジニア、SEとして数多くのプロジェクトマネジメントを経験すると同時に、社内で研修講師を務める。
平成22年3月富士通株式会社 定年後の嘱託契約終了 有限責任事業組合 智の輪舎PMlabo 代表組合員 PMI日本支部会員
保有プロジェクトマネジャ資格 ・平成23年8月取得 情報処理技術者プロジェクトマネジャ(PM-2011-04-00868)
・平成24年7月更新 米国PMI認定PMP(#1345911)


【受講対象者】

プロジェクトマネジャの方
PMP受験者



【価格】

無料


【目次】

住居リホームの期間見積(制約条件)モンテカルロ分析(7:08)
作業の所用期間見積 モンテカルロ分析(9:45)
よく使われる確率分布 モンテカルロ分析(9:05)
クリティカル・パスを見つける モンテカルロ分析(5:30)
MCAのプロセスと結果処理 モンテカルロ分析(8:28)
不確実性を軽減する対策 モンテカルロ分析(9:17)
簡易なプロジェクト完了期間の予測 モンテカルロ分析(5:52)
まとめ モンテカルロ分(6:11)


【PMP受験のための35時間PM講座(第5版準拠) 講座のお申込み・無料体験・お問い合わせ】
Webサイト リンク

■その他、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。
リンク

【その他のお問い合わせ】
株式会社キバンインターナショナル リンク
TEL: 03-4405-8486 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

【講師支援】
この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。
eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。
リンク

【キバンインターナショナルについて】
2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。
本プレスリリースについて本プレスリリース内容のコピー・転載は自由です。転載されましたら、ご一報いただけると幸いです。



以上

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■会社概要
名称: 株式会社キバンインターナショナル
所在地: 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3セイコービル2F
代表者: 中村央理雄
URL: リンク
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■本件に関するお問い合わせ先
担当 : 田中康英
電話番号 : 03-4405-8486
E-mail : international@kiban.jp
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。