logo

MT4標準インジケーターの改善版ツール・チャートを新たに3種類導入!/FXトレード・フィナンシャル(FXTF)

FXトレード・フィナンシャル【FXTF】 2015年10月19日 10時02分
From PR TIMES



MT4標準のテクニカル指標(インジケーター)の改善版ツール・チャートを新たに3種類導入しました。

FXTF MT4に初期設定で搭載されるため、MT4を新規にインストールする場合はすぐに利用できます。
定型チャートを使うと簡単にチャートを表示できるのでおすすめです。

1.ライン2本表示版MACDのチャート表示方法:リンク
2.MT4で見やすい平均足チャートを表示する方法:リンク
3.修正版一目均衡表(FXTF – Ichimoku)の機能改善について:リンク


1.ライン2本表示版MACD
リンク
MT4標準ではラインとヒストグラムで表示されるMACDですが、
「FXTF – MACD_2line」インジケーターでは、より一般的にライン2本でMACDを表示します。
[画像1: リンク ]



2.MT4で見やすい平均足チャート
リンク
平均足チャートは、ローソク足よりもトレンドの方向をみやすくしたチャートです。FXTF MT4では、ローソク足の表示を消し、平均足のみ白背景チャートに合わせて見やすく設定した定型チャート「FXTF_Heikin_Ashi」を搭載しました。
[画像2: リンク ]



3.修正版一目均衡表(FXTF – Ichimoku)の機能改善について
リンク
MT4標準搭載の一目均衡表(Ichimoku Kinko Hyo)から、遅行スパンと先行スパンの表示位置を修正した『修正版一目均衡表(FXTF – Ichimoku)』インジケーターの機能を改善し、遅行スパンの期間パラメーターを変更可能としました。

初期設定ではこれまでと変わらず利用できますが、遅行スパンを逆に先行させることで、現在価格と過去の価格を比較しやすくするといった活用が可能です。

【参考】
遅行スパンを先行させ、現在の価格と比較しやすくする方法:リンク
[画像3: リンク ]



▼FXTF MT4 最新の注目ニュース
☆FXTF MT4スプレッド縮小キャンペーン【2015年10月】:リンク
☆MT4のチャート上に今井雅人氏のツイートを表示!:リンク
☆マーフィーのスパンモデル・スーパーボリンジャーをFXTF MT4に導入!:リンク
☆志摩力男氏のFXセミナー『2015年後半相場展望』収録動画を公開しました:リンク

▼ソーシャルメディア
FXTF公式ブログ:リンク
※fx-on.com運営者・早川忍氏によるMT4ブログを更新中です。
EA自動売買の運用や、MT4の便利な使い方などの情報が満載。
FXTF公式Twitter(PR用):リンク
FXTF公式Facebook:リンク
FXTF YouTube公式チャンネル:リンク

FXTFでは今後もトレードツールや情報サービスの改善を継続し、お客様にとって最適なFX環境を提供できるよう努力してまいります。

■□■会社概要
商号:株式会社FXトレード・フィナンシャル
(略称:FXTF、英語名称:FXTrade Financial Co., Ltd.)
所在地:〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
代表者:代表取締役社長 鶴 泰治
株主資本:10億82百万円 【資本金:3億5千万円】 (2014年3月末現在)
設立:2006年6月14日
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第258号
加入団体:一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 第1570号、一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02639

【リスク警告】
外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。したがって、外国為替相場 の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元 本保証はありません。外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、取引金額がその取引についてお客様 が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが 受取りから支払いに転じることもあります。相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広 くなったり、意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注 文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。