logo

クレジットカード業界の国際的セキュリティ基準「PCI DSS ver 3.1」完全準拠認定を取得

最高の加盟店レベル1を4年連続で取得

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(以下「SBPS」)は、「アクワイアリング事業※」において、クレジットカード業界の国際的なセキュリティ基準である「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard(以下、「PCI DSS」)」の最新バージョン「PCI DSS ver 3.1」監査による完全準拠認定を取得しました。SBPSは最高の加盟店を証明するレベル1を今回で4年連続して取得し、SBPSのサービスが安全で信頼性の高いサービスであることが証明されました。



SBPSは、2011年にVisa、MasterCardのメンバーシップライセンスを取得してから「アクワイアラー」として加盟店契約業務を開始し、さらに、2015年3月には独自に「ソフトバンクカード」も発行するなど、お客さまの大事な信用情報を扱う事業者として、設立当初から高いセキュリティ基準を社内で設定し情報セキュリティの強化に努めています。

【PCI DSSについて】
PCI DSSとは、クレジットカード情報や決済情報を安全に守るために、 VISA、MasterCard、JCB、American Express、Discoverの国際カードブランド5社により2006年9月に設立されたカード情報保護に関する国際基準です。

SBPSは、2011年にVisa、MasterCardのメンバーシップライセンスを取得してから「アクワイアラー」として加盟店契約業務を開始し、さらに、2015年3月には独自に「ソフトバンクカード」も発行するなど、お客さまの大事な信用情報を扱う事業者として、設立当初から高いセキュリティ基準を社内で設定し情報セキュリティの強化に努めています。

【PCI DSSについて】
PCI DSSとは、クレジットカード情報や決済情報を安全に守るために、 VISA、MasterCard、JCB、American Express、Discoverの国際カードブランド5社により2006年9月に設立されたカード情報保護に関する国際基準です。

【PCI DSS ver 3.1の認定について】
[画像: リンク ]

1.認証基準:PCI DSS ver 3.1
2.認証登録番号: ICMS-PCI0048-2
3.準拠日: 2015年9月30日
4.認証登録機関:国際マネジメントシステム認証機構株式会社(QSAs)

今後も、SBPSは、事業者さまが安心してサービスをご利用いただけるよう、信頼性の高いサービスを提供しセキュリティ水準の向上に努めてまいります。

※ Visa、MasterCardの加盟店契約業務を行います。

●本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

【会社概要】
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社
代表者 代表取締役社長 兼 CEO 今井 康之
所在地 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル25階
事業内容 決済サービス、集金代行および企業の計算事務代行
情報・システム提供サービス
URL リンク

「決済サービス」に関するお問い合わせ
Tel 03-6889-2131(平日 9:30~17:30)
フォーム リンク

「情報セキュリティ」に関するお問い合わせ
E-mail privacy@sbpayment.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。