logo

仮想化が導く、これからのクラウド最前線

株式会社ディーアイエスソリューション(DSol)はコラム「仮想化が導く、これからのクラウド最前線」を公開しました。

###

今回は特別にヴイエムウェア中之島淳之介氏に寄稿頂きましたので番外としてご紹介いたします。

中之島淳之介氏プロフィール
--------------------------------------------------------------------------------
ヴイエムウェア株式会社シニアシステムズエンジニア。外資系メーカーのエンジニアとして、x86サーバーおよびストレージ製品に注力した後、2010年にヴイエムウェア株式会社に入社。プリセールスエンジニアとして、サーバー・ストレージ・ネットワークだけでなく、デスクトップの仮想化の推進に従事。御客様への提案活動だけでなく、執筆活動や様々な研究会・イベントにて、仮想化技術の重要性と必然性を訴える啓蒙活動を続けている。

第9回仮想化が導く、これからのクラウド最前線

--------------------------------------------------------------------------------
最近は“クラウド”が当たり前になり、オンプレミスだけではなく、パブリッククラウドでの採用事例も増加している傾向にあります。その背景には、必ずと言っていいほど仮想化技術が用いられていると言われています。広く普及されてきた仮想化も、現在では大きく進化し、クラウドを支えています。私が2013年から2014年にかけて執筆した「VMwareの基本」という本も、仮想化製品の最新版リリースに伴い、改訂版を出版することになったわけですが、改訂版という言葉には収まらないほど、書き加えなければならないことが多すぎて、もう1冊執筆した気分になったほどだったからです。このように、仮想化はここ数年で、みなさんが考えているよりもずっと早い速度で変わってきています。できないと思っていたことができるようになっていたり、想像を超えたテクノロジーも提供されているようになっているはずです。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://www.si-jirei.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事