logo

新・おてごろ宣言! バリューメニューを刷新し、お客様のお得感を向上分かりやすい価格体系、店舗の清潔さを向上するアクションも実施

日本マクドナルド株式会社 2015年10月15日 14時17分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、10月26日(月)より「新・おてごろ宣言」と題した活動を導入し、「お客様と心でつながるモダンバーガーレストラン」となるための新しいステップを踏み出します。この活動は、おてごろな価格帯であるバリュー商品の刷新や、分かりやすい価格体系への刷新、店舗の清潔さの向上で構成されています。

マクドナルドは、年間を通して継続してまいりましたお客様との対話の中から、さまざまなご意見をお伺いしています。
本年5月25日に「スマイル0円」の完全復活を宣言し、全店舗で、お客様の目に見える変化に取り組んで参りました。これはお客様にとって、マクドナルドがもう一度、こころとこころで繋がる存在となること、そしてその為に最大限の努力をすることをお約束したものです。そしてこの度の「新・おてごろ宣言」は、より高いQSC&V(クオリティ、サービス、クレンリネス、バリュー)を実現することで、大きく変化するお客様のご期待にお応えし、お客様とマクドナルドの間に、さらにあたたかで強固な関係を築いていくものです。

「新・おてごろ宣言」は、3つの活動で構成されています。(1)「バリューメニューの刷新」、(2)「価格体系の刷新」、(3)「クレンリネス」を中心とした、お客様との心のつながりと店舗体験の強化です。マクドナルドはこれにより、おてごろな価格帯であるバリュー商品の新しい時代を切り開き、きれいで清潔な店舗でのお食事体験を実現し、お客様の快適なレストラン体験を高めてまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事