logo

「お弁当」がテーマのソーシャルメディアアプリ「お弁当⾷べたい!」をリリース

株式会社アイドマ マーケティング コミュニケーション 2015年10月15日 10時00分
From ValuePress!

株式会社アイドマ マーケティング コミュニケーション(本社:富山県富山市、代表取締役:蛯谷貴)は10月15日、「お弁当」をテーマとしたソーシャルメディアアプリ「お弁当食べたい!」(リンク)の提供を始めました。お弁当を通じて楽しいコミュニケーションを実現するSNSで、毎日の手作りお弁当からデコ弁、駅弁、グッズまで、お弁当のあらゆる話題を網羅。ユーザーは、お弁当にまつわる思い思いの写真や紹介文、レシピを手軽に投稿し、他のユーザーに見せたり、毎日の記録を残したりできます。今の気持ちを表す「スタンプ」や、他のユーザーのアドバイスを求める「HELP!」ボタンなど多彩な交流機能も。美味しいおかずから海外お弁当事情までを扱う編集記事も連日公開します。

株式会社アイドマ マーケティング コミュニケーション(本社:富山県富山市、代表取締役:蛯谷貴)は10月15日、「お弁当」をテーマとしたソーシャルメディアアプリ「お弁当食べたい!」の提供を始めました。プラットフォームはiOSで、iPhone、iPadでの利用に対応しています。

ダウンロードURL
リンク
フェイスブックページ
リンク

「お弁当食べたい!」は、お弁当を通じて楽しいコミュニケーションを実現するためのSNSです。毎日の手作りお弁当からデコ弁、駅弁、ほか弁、グッズまで、お弁当に関するあらゆる話題を網羅。ユーザーの写真投稿を中心としつつ、おかずのレシピから海外お弁当事情までを扱う編集記事も、連日公開します。
ユーザーは、お弁当にまつわる思い思いの写真や紹介文、レシピなどを手軽に投稿し、他のユーザーに見せたり、毎日の記録を残したりできます。今の気持ちを表す「スタンプ」や、他のユーザーのアドバイスを求める「HELP!」ボタンをはじめとした多彩な交流機能も用意されており、ここで知り合ったユーザー同士、手軽で楽しいコミュニケーションを通じて、もっと仲良くなっていただけます。ご利用は無料です。


[資料: リンク ]


■「お弁当食べたい!」の特長

①かんたん投稿で、お弁当の写真をキレイに記録

作ったり買ったりしたお弁当の写真を、コメントやレシピを添えて簡単に投稿・公開できます。お弁当をより美味しく見せる色調調整機能も搭載。投稿した写真の一覧表示も可能なため、お弁当の記録をあとで振り返って楽しめます。

②女性を意識したコミュニケーション機能を充実

お弁当に最も関わりが深いのは、家族や自分のために毎日お弁当を作っている女性です。「お弁当食べたい!」では、毎日のお弁当作りを頑張っている女性のために、「共感」や「理解」を重視する女性のコミュニケーション特性に合わせ、以下の機能を用意しました。

・多彩なスタンプ
挨拶や感想、さまざまな感情表現をカバーするスタンプ数十種類を用意しました。コメント欄などでのコミュニケーションにお使いいただけます。


[資料: リンク ]


・「ありがとう!」ボタン
お弁当を作ってその写真を投稿してくれたユーザー、メニューやレシピを公開してくれたユーザーに、感謝とねぎらいの気持ちを伝える「ありがとう!」ボタンを設置しました。

・「HELP!」ボタン
自分が投稿したお弁当へのアドバイスやアイデアが欲しい時のために、他のユーザーに助けを求める「HELP!」ボタンを設けました。みんなで知恵を出し合えば、お弁当がもっと良くなります。美味しい市販お弁当を探す時にもお使い下さい。


[資料: リンク ]


・分かりやすい調理時間表示
お弁当の調理に掛かった時間を、時計アイコンで示す機能を備えました。手早くできるメニューやレシピを探したい時に役立つほか、そのユーザーのお弁当作りの手際良さを示す指標にもなります。


[資料: リンク ]


③お弁当に関する話題を提供する編集記事

おかずの簡単な作り方から最新のお弁当グッズ、デパ地下のゴージャスなお弁当、お弁当に絡む社会の動きまで、お弁当にまつわるあらゆる話題を扱う編集記事を、ほぼ連日掲載していきます。記事はユーザー投稿と同列にタイムラインに流され、ユーザーやお弁当好きの方々に話題を提供します。


[資料: リンク ]


④手作りお弁当グッズも大歓迎。ハンドメイド作者さまの交流の場に

お弁当クロスや袋、トートバッグやエプロンなど、お弁当に関連した手作りグッズの投稿も、お弁当同様重点的に扱います。お弁当を作るユーザー、食べるユーザー、グッズを作るユーザーの交流を通じ、お弁当を軸とした新たなコミュニケーションを生み出すことが目的です。


[資料: リンク ]


■サービス立ち上げの背景

株式会社新生銀行ライフスタイルラボ「2014年 サラリーマンのお小遣い調査」(リンク)によると、昼食にお弁当を持参している会社員の割合は、男性で32.5%、女性では48.9%。当社が主婦などを対象に実施した独自アンケート(2015年5月15日~2015年5月24日、 n=92)でも、回答者の81.1%が普段からお弁当を手作りしていました。
一方、人気大型雑貨店では、かなりのスペースを使って、保温弁当ジャーからデコ弁用品までの多彩なお弁当グッズを販売しています。海外でも、アメリカなどの一部で「Bento」が人気となり、ニュースにも取り上げられました。百貨店では、各地の名産品を使った独自のお弁当が人気商品となっています。
このように人々の生活に密着しつつも、近年ますます人気が高まっている「お弁当」。「お弁当食べたい!」は、多様で奥が深い「お弁当」という食ジャンルをますます盛り上げるとともに、日々お弁当づくりを頑張っている皆さんに、「ありがとう」の言葉を提供するためにスタートしたサービスです。

◆株式会社アイドマ マーケティング コミュニケーションにつきまして

社名   株式会社アイドマ マーケティング コミュニケーション
所在地  〒931-8313 富山県富山市豊田町1丁目3番31号
設立   昭和54年4月1日
資本金  5,000万円
代表者  蛯谷 貴
事業内容 販売促進業務を中心とするリテールサポートサービス

※本資料に記載されている内容は発表時点の情報です。予告なしに内容が変更となる場合もあります。あらかじめご了承ください。


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社アイドマ マーケティング コミュニケーション
担当者名:日比
TEL:03-5572-7281
Email:obentoo@e-aidma.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。