logo

ネスレ日本 x C CHANNEL 共同プロデュース “イマドキ女性”へお届けする、縦型スマートフォンムービー 「Cafe Latte Time」10 月15 日(木)より無料配信開始

ネスレ日本株式会社 2015年10月15日 11時30分
From PR TIMES

~ 市川実日子さん主演 / バラエティを楽しもう、ラテも人生も。 ~



ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO: 高岡 浩三、以下「ネスレ」)は、縦型ムービー専門チャンネルC Channel株式会社(本社:渋谷区、代表取締役:森川 亮)と共同プロデュースし、“イマドキ女性”を主人公として制作した縦型スマートフォンムービー「Café Latte Time」を、2015 年10 月15 日(木)より無料で配信開始します。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



*縦型スマートフォンムービー「Café Latte Time」は、以下のサイトからご覧いただけます。
リンク

■「Café Latte Time」制作の背景
女性の社会進出が進み、現代の女性の多くが「ビジネスパーソン」「妻」「母親」そして「一人の女性」として複数の役割を担っています。ネスレは、そのような忙しい女性たちを“イマドキ女性”と規定し、“イマドキ女性”の日常における様々なシーンを描いた縦型スマートフォンムービー「Café Latte Time」を制作しました。
「バラエティを楽しもう!ラテも人生も。」をテーマに、コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」と「ネスレ ブライト」の各製品でラテ系メニューをつくることからはじまる5 つのストーリーでは、市川実日子さんが“イマドキ女性”として様々な役割を担う女性を演じ、同じような立場の女性たちが、いずれも思わず共感してしまうような、心温まる内容となっています。

■忙しい“イマドキ女性”のライフスタイルに合わせたコンテンツ設計
忙しい毎日を送り、時間を有効活用したい“イマドキ女性”の方々に視聴していただきやすいよう、スマートフォンの特徴を最大限に考慮し、「限りある自分の時間の中で手軽に視聴してリラックスしていただく」ことをテーマにしたコンテンツ設計にしました。また、撮影においては縦型ムービー専門チャンネル C CHANNELの技術協力を得て制作し、縦型映像の魅力を最大限に引き出しました。

1.縦型ムービー専門チャンネルC CHANNELの知見をいかした縦型アングル
主人公やストーリーをより身近に感じられるよう、スマートフォンムービーだからこそ可能な縦型アングルを採用し、横型アングルにはなかった表情や仕草など、独特の臨場感を表現しました。毎日20本以上の縦型動画を制作し続けるC CHANNEL制作チームの知見も活かして、“イマドキ女性”の等身大の姿や感情を余すところなく映像化しています。片手で楽しめる縦型ムービーは、“イマドキ女性”にとって、お気に入りのカフェラテやコーヒーを飲みながら何かをするという日常で垣間見えるシーンの「~ながら視聴」に最適で、時間や場所を選ばずムービーを楽しむことができます。

2.“イマドキ女性”の日常における様々なシーンを描いた5つのストーリー
市川実日子さん演じる“イマドキ女性”・幸子が、「ビジネスパーソン」「妻」「母」そして「一人の女性」など様々な役割に向き合う日々を、上質な音楽と映像だけで丁寧に表現しました。
5つのストーリーは各々、「バラエティを楽しもう!ラテも人生も。」をテーマに、気分に合わせて楽しめる「ネスレ ブライト」の4つの製品に合わせて描かれており、「ネスレ ブライト」を使ってコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」でラテ系メニューをつくる時間に近い、2分前後のシンプルなストーリーで、視聴者にカフェラテを飲んだ時のような、気持ちが安らぐひとときをお届けします。


<5つのストーリー紹介>
・ しっかりラテ「忙しい時」
仕事が佳境を極める幸子への、夫の思いやりを描いたストーリー。
・ ミルキーラテ「楽しい時」
幸子と友人たちの、友情を描いたストーリー。
・ キャラメルラテ「嬉しい時」
息子が新しい洋服を汚してしまい、がっかりする幸子へのサプライズのストーリー。
・ ショコラテ「安らぎの時」
一人きりの週末に、幸子がとった行動を描いたストーリー。
・ しっかりラテ「オフィスでプレゼン」篇
仕事で落ち込む幸子へ、周囲のフォローを描いたストーリー。

※各種写真は、以下のサイト(ネスレホームページ内)からダウンロードすることにより、取得していただけます。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。