logo

ジーニー、NHNエンターテインメントへアプリケーション向けDMPを提供開始~NHNエンターテインメントグループが運営するアプリの分析を可能に~

株式会社ジーニー 2015年10月15日 11時43分
From PR TIMES



 株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭、以下「ジーニー」)は、韓国取引所(KRX)に上場している企業である「NHN Entertainment Corporation(本社:NHN Ent. Play Museum, 16, Daewangpangyo-ro645beon-gil, Bundang-gu, Seongnam-si, Gyeonggi-do、代表取締役社長:Chung Ujin以下「NHNエンターテインメント」)へのアプリケーション向けDMP「Geniee DMP for App(※1)」の提供を、10月より開始いたしました。
 NHNエンターテインメントは、PCオンラインゲームを始め、『LINE POP』、『LINE POP2』など 多数の人気モバイルゲームタイトルをリリースしており、現在、オンライン決済やEC事業など様々な新事業に力を入れています。
[画像1: リンク ]



 近年、スマートフォンからのインターネット利用が拡大する中で、企業ではネイティブアプリケーションを活用したマーケティング活動が重視されています。
 今回、ジーニーが提供する「Geniee DMP for App」は、アプリケーションマーケティングに必要なデータの蓄積・分析・統合や、広告配信プラットフォーム、プッシュ通知との連携に対応した、すべてのチャンネルに活用できるデータプラットフォームです。
[画像2: リンク ]

 本サービスの導入により、NHNグループが運営するスマートフォンアプリ内のユーザーの行動履歴の分析、アドネットワーク等への広告出稿時のLTV(※2)およびRPM(※3)最適化が可能になります。また、NHNグループで運営を行うプラットフォームにおいて「Geniee DMP for App」で分析したデータを活用することで、より効果的なマーケティング活動が可能になります。
 今後、ますます拡大し続けるスマートデバイス市場において、ジーニーは「Geniee DMP for App」を通して、スマートフォンアプリのビジネスの拡大が実現できるよう、開発を進めてまいります。

※1 DMP(Data Management Platform)とは、広告やマーケティング、メディアやユーザーの
データの蓄積、統合、分析をし、すべてのチャネルに活用できるデータプラットフォームです。
※2 LTV(Life Time Value)顧客生涯価値
※3 RPM (Revenue Per Mile)表示回数1000回あたりのインプレッション収益

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事