logo

「GLOBIS知見録」、スマートフォンアプリを全面リニューアル


グロービス(東京都千代田区、代表:堀義人)は10月14日、マネジメントやリーダーシップに関するコンテンツを集約した学びメディア「GLOBIS知見録」のスマホアプリ(無料)を全面リニューアルしました。

主要メニューを画面下部にまとめたり、「視る」(動画)、「読む」(テキスト記事)、「学ぶ」(リアルな学び体験情報)のメニューを、大きく、分かりやすく配置したりして、視たい動画や読みたい記事にたどり着きやすくさせました。旧版(2014年12月22日リリース)に比べて、ユーザーの利便性を向上させています。

コンテンツ面では、国内最大MBAスクールであるグロービス経営大学院、グロービス・コーポレート・エデュケーション(法人人材育成部門)、グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル)などの教育・事業活動から得られる様々な知見、一般社団法人G1サミットが開催するトップリーダー・カンファレンスなど、ハイクオリティ・コンテンツをいっそう強化します。さらに、グロービスの東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5拠点で開催するセミナーやMBA体験セッションなど、リアルな学び体験情報(学ぶ)の提供を拡充します。

また、アプリの起動、動画・記事の読み込みスピードも向上しました。

なお、アプリの基本システムにはファストメディア株式会社(東京都港区、代表:庵原保文氏)の法人向けアプリプラットフォーム「Yappli」(ヤプリ)を採用しています。


< 「GLOBIS知見録」 新アプリの主な特長 >

●国内最大のMBAスクールの学び
国内最大のビジネススクールであるグロービス経営大学院で教えている「MBAの知識」、さらには、法人研修部門における次世代リーダー育成支援から得られる知見、各界のトップリーダーが集まる「G1サミット」などを通した「リーダーとしての見識」を、2000本以上の講座や連載、500本以上の動画で提供します。(注: コンテンツ登録数は徐々に増やしていきます)

●視たい・読みたいコンテンツを探しやすいカテゴリ分け
「視る」「読む」「学ぶ」という3つの入口を設けています。「視る」は動画、「読む」は記事、「学ぶ」はリアルな学習体験情報。3つのカテゴリとサブメニューを、大きく、視認性の高い色分けで表示することで、ユーザーが視たい・読みたいコンテンツにたどり着きやすくしました。

●必見・必読の人気コンテンツをランキングで即チェック
「視る」の動画、「読む」の記事のうち、前週にユーザー閲覧が多かった人気コンテンツ5本ずつをランキング表示します。必見・必読のコンテンツをすぐに選べます。
●「聴く」――アプリだけの新機能

グロービスで開催している各種セミナーや各界のトップリーダーが集まる「G1サミット」などから人気のセッションを厳選し、オーディオ・シリーズとして公開します。例えば、通勤電車の中やウォーキング/ランニングをしながら、手軽に学ぶことができます。


■ダウンロード

App Store: リンク
Google Play: リンク

紹介ページ: リンク (「GLOBIS知見録」ウェブサイト内)
対応OS: iOS7.0以降/Android 4.0以降


◆グロービス ( リンク
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1サミットによるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援も展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS Asia Pacific Pte. Ltd.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1サミット
・一般財団法人KIBOW


■本リリースに関するお問い合わせ先
グロービス広報室
E-mail:pr@globis.co.jp
TEL:03-5275-3870
FAX:03-5275-3890
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事