logo

NTTドコモ企業キャラクター「ドコモダケ」が今年10周年 キノコの日に特別長編動画を大公開!!

株式会社NTTドコモ 2015年10月15日 09時30分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月15日

NTTドコモ

NTTドコモ企業キャラクター「ドコモダケ」が今年10周年。
ドコモダケ誕生秘話がいま、明かされる
10月15日キノコの日にYouTubeで特別長編動画を大公開!!


株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、以下ドコモ)が公式企業キャラクターであるドコモダケの誕生から10周年を記念して、Web動画「ドコモダケオーディション」篇を2015年10月15日(キノコの日)からYouTubeで公開します。これまで明かされなかったドコモダケの誕生秘話を、「クレイアニメ」「パラパラマンガ」「実写」「ゲーム」といった様々な手法で動画化。これまでにないドコモダケの表現に挑戦した内容となっています。
10年前を懐かしみながら、このメモリアル動画をご覧ください。


◇ 「ドコモダケオーディション フルバージョン」篇◇
URL:リンク

DOCOMODAKE 10TH ANNIVERSARY MOVIE
ついに明かされる“ドコモダケ”誕生のヒミツ

「あの日まで、僕には名前がなかった…」

10年前、無名のキノコが“ドコモダケ”になるまでには
壮絶なオーディションが繰り広げられていた。

ライバルキノコたちとの熾烈な戦い、そして、友情。

今やみんなに愛されるキャラクターになった“ドコモダケ”。
10周年を記念してその誕生秘話を、初公開します。

クレイアニメ、パラパラマンガ、実写、ゲーム…
様々な手法で描かれる、白熱のオーディションが見どころ。

一次審査「ダンス」の映像手法はクレイアニメーション。
粘土で作ったキノコたちを、1ポーズずつコマ撮り。
3日間かけて撮影した素材をつないで、手作り感のある映像に仕上げました。

二次審査「100m走」の映像手法はパラパラマンガ。
普通のパラパラじゃなく、レースを様々な角度から描くことにチャレンジ。
見たことのない斬新なパラパラマンガに仕上げました。

三次審査「プロポーション」の映像手法は実写。
セクシーな女性やマッチョな男性など、それぞれのキノコを大胆に擬人化。
無名のキノコの恥ずかしそうな表情は、必見です…!

最終審査「バトル」の映像手法はゲーム。
懐かしい格闘ゲームを思い出す、そんなドットアニメを目指しました。
背景の観客席の中にはあのキャラクターも…?

映像はフルバージョンだけでなく、各審査ごとの動画も公開いたします。
◇ 「ドコモダケオーディション 一次審査「ダンス」」篇◇
URL:リンク
◇ 「ドコモダケオーディション 二次審査「100m走」」篇◇
URL:リンク
◇ 「ドコモダケオーディション 三次審査「プロポーション」」篇◇
URL:リンク
◇ 「ドコモダケオーディション 最終審査「バトル」」篇◇
URL:リンク


◆ドコモダケの誕生について

2005年1月 ドコモダケは1本のCMから生まれました。
料金プランの優位性を伝えるため「ドコモだけ」というダジャレから「ドコモダケ」は生まれ、これまでいくつものCMをはじめ様々な広告ビジュアルや、ドコモショップ店内のぬいぐるみ、さらにはゲーム、絵本、音楽CDなど数多くのキャラクター展開が拡大し、ドコモの企業キャラクターとして多くの人に親しまれてきました。

2015年はドコモダケが誕生してちょうど10周年にあたります。


◆10月15日キノコの日について
きのこの消費拡大と生産振興及び、消費者にきのこの健康食品としての有用性や調理、利用方法の浸透を図ることを目的に日本特用林産振興会によって制定。
(日本特用林産振興会ホームページより)





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事