logo

摂南大学経済学部の学生が「産学連携ツーリズムセミナー」で研究成果を発表 -- 和歌山県由良町での実地調査を基にツアーコンテンツなどを提案

摂南大学 2015年10月15日 08時05分
From Digital PR Platform


摂南大学(大阪府寝屋川市)経済学部経済学科の学生が、公益社団法人日本観光協会が主催する「産学連携ツーリズムセミナー」において、観光振興に関する研究発表を行った。学生らは、和歌山県の「大学のふるさと」事業で提携を結ぶ由良町での実地調査を基に、具体的なツアーコンテンツや情報発信手段などを提案した。


 9月25日、東京ビッグサイトで開催された「産学連携ツーリズムセミナー」において、経済学部植杉大教授のゼミナールに所属する岩本宜樹さん、柴田凌さん、中野佑亮さん、渡邉将伍さん(いずれも3年)が、観光振興に関する研究発表を行った。

 同セミナーは、公益社団法人日本観光振興協会主催で、世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」に合わせて開催され、ツーリズム産業に関心の高い学生や社会人約300人が参加。学生による研究発表や業界関係者によるパネルディスカッションが行われた。

 研究発表は、48団体の応募から書類審査を経て選ばれた5大学が実施。摂南大学の4人は「オプショナルツアーの地域活性化に対するポテンシャル~和歌山県由良町の実地調査を通じて~」と題し、急増する外国人観光客を、東京・大阪・京都といった一部の有名観光地だけでなく、地方にも呼び込むための方策を提案。地域が主体となって観光資源を発掘しアピールすることの重要性も説明した。

●摂南大学HP
 リンク

(関連記事)
・和歌山県すさみ町、由良町と「大学のふるさと」協定を締結――摂南大学(2014/10/21)
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人常翔学園 広報室(上田・大野)
 TEL: 072-800-5371

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事