logo

2015年8月度のマルウェアランキングを公開

ESET ASIA PTE LTD 2015年10月14日 13時45分
From PR TIMES

~感染率が大幅に増加したWin32/Qhostがトップに~

プロアクティブなマルウェア検出技術の世界的なパイオニアであるESET, spol. s r.o.(本社:スロバキア、ブラティスラバ、CEO:リチャード・マルコ、以下ESET)がまとめた2015年8月度のマルウェアランキング(日本版、世界版)を、キヤノンITソリューションズのWebサイトで公開しました。概要は以下の通りです。

■日本のマルウェアランキング(8月度)
<月間サマリー>
2015年8月のランキングでは、前月5位だったWin32/TrojanDownloader.Waskiが感染率を伸ばし、再度トップに立ちました。

<8月度ランキング>
第1位 Win32/TrojanDownloader.Waski(前月:5位)
このトロイの木馬は、インターネットから別のマルウェアをダウンロードしようとします。

第2位HTML/Refresh(前月:3位)
このトロイの木馬は、悪意のあるソフトウェアのサイトに誘導する特定のURLにブラウザーをリダイレクトします。プログラムコードは通常、HTMLページに埋め込まれています。

第3位SWF/Exploit.ExKit(前月:2位)
SWF/Exploit.ExKitは、ブラウザーなど、クライアントサイドの脆弱性を標的とします。このエクスプロイトは、Adobe Flash Playerに潜む脆弱性を悪用します。

日本のマルウェアランキング(2015年8月)と各マルウェアの詳細はこちらに掲載しています。是非ご一読ください。
<8月>
リンク


■世界のマルウェアランキング(8月度)
<月間サマリー>
ESETが開発した先進のマルウェアレポーティング/追跡システム「Live Grid」によると、2015年8月度のランキングは、Win32/Bundpilが前月に引き続きトップとなりました。2位にはWin32/Qhostが10位以下から急上昇しています。

<8月度ランキング>
第1位Win32/Bundpil(前月:1位)
このワームは、リムーバブルメディアを介して感染を広げます。1つのURLを保持しており、そのURLからいくつかのファイルをダウンロードし、実行しようとします。HTTPプロトコルを使用してC&C(指令)サーバーと通信を行い、新しい命令を受け取ります。

第2位Win32/Qhost(前月:10位以下)
この脅威は、Windowsが起動する前に%system32%フォルダーに自身をコピーします。その後、DNSを介してC&Cサーバーと通信します。電子メール経由で拡散し、攻撃者による感染PCの乗っ取りを可能にします。

第3位Win32/Adware.MultiPlug (前月:3位)
Win32/Adware Multiplugは、ユーザーにとって望ましくない動作をする可能性のあるアプリケーション(Potentially Unwanted Application:PUA)です。ユーザーのシステムに侵入すると、そのユーザーがWebサイトの閲覧中にポップアップ広告が表示されるようにします。

世界のマルウェアランキング(2015年8月度)と各マルウェアの詳細はこちらに掲載しています。是非ご一読ください。

<8月>
リンク

ESETについて
1992年に創設されたESETは、企業および個人向けのセキュリティソリューションを提供するグローバルプロバイダーであり、プロアクティブなマルウェア検出技術のパイオニアとして業界をリードし続けています。国内外のアワードや顧客満足度調査で数多くの受賞歴を誇り、世界で1億ユーザー以上に利用され、各方面から極めて高い評価を得ています。
ESETは、スロバキアのブラティスラバにグローバル本社を、米国のサンディエゴ、アルゼンチンのブエノスアイレス、シンガポールに地域流通拠点を構えています。また、ブラティスラバ、サンディエゴ、ブエノスアイレス、チェコ共和国のプラハ、ポーランドのクラクフ、カナダのモントリオール、ロシアのモスクワにマルウェア研究センターを置き、世界180か国にまたがる広範なパートナーネットワークを築いています。

ESET社ホームページ【 リンク
※ESET社のセキュリティ製品は日本国内において、キヤノンITソリューションズ株式会社を通じて販売されております。
※ESET、NOD32、ESET Smart Security、ESET Cyber Security、ESET ファミリーセキュリティ、ESET パーソナルセキュリティは、ESET, spol. s r.o. の商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。