logo

RWEがLemonbeatの国際標準化を期待

RWE Effizienz GmbH 2015年10月14日 13時11分
From 共同通信PRワイヤー

RWEがLemonbeatの国際標準化を期待

AsiaNet 62176(1348)

【ドルトムント(ドイツ)2015年10月13日PR Newswire=共同通信JBN】
*World Wide Web Consortium(W3C)がインターネット・オブ・シングス(IoT)向け新通信プロトコルを審査
*札幌で10月下旬開かれるW3C会議で実演

Lemonbeat(レモンビート)が国際標準化に向けて前進している。RWEが開発したこの通信プロトコルは現在、World Wide Web Consortium(W3C、ワールド・ワイド・ウエブ・コンソーシアム)の審査と評価に委ねられている。RWEはいま、有名団体のメンバーとして一翼を担い、“ウエブ・オブ・シングス”利益グループ内で積極的に活動している。W3Cはインターネット技術の標準化に取り組んでいる。コンソーシアムの勧告が国際トレンドを設定する。

(Photo: リンク
(Photo: リンク

RWEは9月末、共通語「Lemonbeat smart Device Language(LsDL)」に関する包括情報を提示した。RWEはその後、LsDLの細目をW3Cグループと共有した。RWE Effizienz GmbHの最高経営責任者(CEO)であるディートリッヒ・ゲンメル博士は「われわれの通信プロトコルに対する反応はきわめて好意的だった。Lemonbeatの広範な機能領域は大歓迎された」と語った。

次の段階は10月下旬の札幌である。W3C会議では、世界中のITデベロッパーを前にLemonbeatを実演する。Lemonbeat実装のデバイス同士がどのようにつながるか、全自動でネットワークにどのように統合されるかを見せるため、プロトタイプが使われる。オーディエンスはLemonbeatアプリがどのように内部で機能するかをライブで見ることになる。ゲンメル博士は「この高性能プロトコルによって、われわれは素晴らしい機会に恵まれるインターネット・オブ・シングス(IoT)の国際標準化の流れの中で、われわれは重要な役割を担うことができる」と明言した。

Lemonbeatは、大きく異なるデバイスをきわめて容易にネットワーク化する新通信プロトコルである。きわめてコンパクトだが、複雑なアプリで使用するために、柔軟に拡張できる。このため、Lemonbeatはとりわけインターネット・オブ・シングスが抱える課題に効果的に対処することができる。ホームオートメーション・システムRWE SmartHomeのプロバイダーとして、インテリジェント・デバイス通信はRWEが精通している分野である。最初のB2Bパイロット顧客は、すでにLemonbeatを使用している。

詳細はリンク を参照。

クロスレファレンス:写真はAP Images(リンク )およびリンク から入手できる。

RWE Effizienz GmbHは、ユーザーができるかぎり効率的、安全、手ごろ、かつ気候にやさしい方法でエネルギーを利用できるよう支援する。RWE SmartHome、エレクトロ・モビリティー、最先端の電力貯蔵ソリューションなど革新的な製品によって、RWE Effizienzは基準を設定している。詳細は以下を参照。
リンク
リンク
リンク

ソース:RWE Effizienz GmbH

▽問い合わせ先
RWE Effizienz GmbH
Harald Fletcher
Head of Communications
T +49-231-438-48-40
M +49-173-2904149
harald.fletcher@rwe.com

Julika Gang
T +49-231-438-22 48
M +49-172-236-1312
julika.gang@rwe.com

ソース:RWE Effizienz GmbH


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事