logo

Apple社のVPP・DEPに対応しiOS管理を強化!LanScope An Ver2.4 10月14日リリース

URL:リンク

エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、スマートデバイスの資産管理・活用分析・セキュリティ対策・行動管理を行うスマートデバイス管理ツール“LanScope An(ランスコープ アン)”の最新バージョンを2015年10月14日にリリースします。最新バージョンでは、Apple社のVPP(Volume Purchase Program)・DEP(Device Enrollment Program)に対応し、管理者の管理工数削減を実現しました。



近年、企業においてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの導入が進み、モバイルアプリケーションの活用も広がってきている中、それらを管理していくことへの必要性が高まっています。「企業IT動向調査2015」※1では、企業の経営課題として業務プロセスの効率化、迅速な業務把握(情報把握)が大きなウェイトを占めるとともに、セキュアできめ細かなデバイス・アプリケーション管理へのニーズの高まりもあり、多様化するニーズを解決する機能の実装が求められています。
※1一般財団法人 日本情報システム・ユーザー協会調べ

最新バージョンの“LanScope An”では、VPP・DEPに対応し、iOSの管理が非常に容易になりました。VPP対応では、企業内でまとめて購入したiOSのアプリを従業員や生徒にライセンスを与え配布することができます。また配布したアプリ(ライセンス)は、管理者の権限により回収し、別のユーザーに新たに割り当てることが可能です。これにより、端末管理者の管理工数の削減とライセンスコストの最適化が可能になります。DEP対応では、デバイスを自動的にMDMの管理下に配置でき、ユーザー自身で行う必要のあったアクティベーション作業やインストール作業を自動化し、短時間で効率良く使用環境を整えることが可能になりました。またMDM構成プロファイルをユーザーが削除できないようにし、ユーザー管理の統制を強化できます。

■その他最新バージョン実装機能(2015年10月14日現在)
●プロファイル配信機能強化
「Wi-Fi」「VPN」のプロファイル作成、一括配信が可能になりました。
●Windows版Anクライアントバージョンアップ通知
Windows版Anクライアントをインストールしている端末に最新バージョンのリリースを通知できるようになりました。

■“LanScope An”の特長的な機能「位置情報管理」

[画像1: リンク ]

端末のGPS位置情報から現在位置を地図上で確認することが可能です。これにより、外出者の現在地確認や紛失・盗難時の位置情報確認など、対応を効率化することができます。さらに、1日の行動を時系列で確認でき、訪問の結果報告としても活用できます。

■[行動管理]- [操作ログ]画面イメージ

[画像2: リンク ]


■“LanScope An Free”とは
[画像3: リンク ]

“LanScope An Free”は、情報セキュリティ10大脅威の1つとされる「紛失」に対して、無料で対策を講じることが可能です。iOS、Android、Windowsスマートフォン・タブレットの紛失・盗難対策として「リモートロック(遠隔ロック)」「リモートワイプ(遠隔データ消去)」「パスワードポリシー」の3つの機能を搭載しています。また、“LanScope An Free”のインストールや操作方法に関するお問い合わせに、無償で電話やメール対応できるサポート体制を構築しています。
また、お申し込み後60日間は、“LanScope An”のすべての機能を利用することができます。
URL:リンク


■ご参考:エムオーテックス株式会社について
MOTEXは、ネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策商品LanScopeシリーズの企画・設計・開発から販売を一貫して行っているメーカーです。MOTEXは、今後もお客様の企業利益を創出するセキュリティ対策をご提案します。

社名:エムオーテックス株式会社
所在地:〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代表:代表取締役社長 河之口達也
事業内容:自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資本金:2,000万円
URL:リンク

※ iOS は、Apple Inc.のOS名称です。
※ Android は、Google Inc.の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。