logo

キッズベースキャンプとベルリッツ・ジャパンが連携協力

株式会社キッズベースキャンプ 2015年10月14日 10時00分
From Digital PR Platform


株式会社キッズベースキャンプ(東京急行電鉄100%子会社、以下「キッズベースキャンプ」)と、語学、留学、グローバル人材育成に関わるサービスを提供しているベルリッツ・ジャパン株式会社(ベネッセグループ、以下「ベルリッツ」)は連携協力し、独自の国際教育プログラムを提供する学童保育サービス「キッズベースキャンプ・インフィニティ」(以下「KBC∞」)を、2016年4月より、二子玉川にて提供を開始いたします。

今後、本プログラムを同社が運営するスクールにて拡大予定しています。
2020年の東京オリンピックを見据え、公立校における英語教育改革が始まり、大学受験でも4技能を測る外部テストの導入が検討されています。また、様々な国の人々が集まるディスカッションの場では、語学教材とは異なる様々なアクセントの英語が話され、それぞれの価値観や常識、利害に基づいた主張が展開されており、語学力にプラスした能力も求められています。
国際社会で活躍し世界から注目を集める日本人は、国際金融やコンサルティングファームで働くグローバルエリートだけでなく、国際的な支援機関やNGOで活躍する人、また、近年では、途上国からソーシャルビジネスを起業する人やアートや音楽、デザイン、スポーツ、科学など専門分野で才能を発揮する人など様々です。他にも、日本の優れたものづくりやサービスを世界中にローカライズして展開する人や、海外から訪日する人に日本の伝統文化を紹介しおもてなしをする人など、日本国内でも多方面で活躍をしています。総じて、世界で活躍している人は語学力以上に強い個性、その分野における卓越した能力や技術、専門性を持っています。

KBC∞では、キッズベースキャンプがこれまで培った学童保育サービスをベースに、グローバル人材育成企業の一環として「世界で活躍できる子供」の育成に取り組んできたベルリッツのノウハウを
提供します。 プログラムでは、ベルリッツの外国人教師と直接触れ合い、英語力のみならず、グローバル社会で活躍するために本当に必要なコミュニケーションスキル、異文化対応力、多様な視点と考え抜く力といったグローバルリテラシーを身に付けていきます。これにより、他者とは異なる自分の強みを磨き、世界で輝く“自分らしさ”を育くんでいきます。
例えば、日々の活動では、キッズコーチのサポートや友達との遊びなど日本語で自由に楽しく過ごせる時間も大切にしながら、英語(外国語)に興味を持つ「しかけ」をご用意します。さらに、子どもが自信を深めるにつれ、徐々に英語環境にいる時間を増やせるよう、外国人講師と英語で遊びや生活、体験をするイマージョンの時間を提供します。英語を学ぶのではなく英語を使って自分の言葉で会話をして心を通わせ、世界への関心が深まるよう、日本語で行う国際教育プログラムと共に相乗効果を高めていきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。