logo

Laird社、グローバルな製品開発の効率化にArasを採用

複雑なRFシステム開発の大手が、世界7か所のビジネスユニットでの製品開発プロセスを標準化するPLMとしてAras Innovatorを選択

注:本資料は米国マサチューセッツ州アンドーバーで2015年10月7日(現地時間)に発表されたプレスリリースを日本語に翻訳したものです。


ANDOVER, Mass. and Munich, Germany –2015年10月7日(米国東部時間) – エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーである Arasは、本日、通信の接続性を可能にし、熱やEMI(電磁気の干渉)から電子製品を保護するシステムの世界的メーカーであるLaird社が、そのグローバルな製品開発を効率化し、製品をより可視化するためにAras Innovatorのプラットフォームを採用したことを発表しました。Aras Innovatorは、NXおよびSolidwork CAD、Altuim ECAD、そしてLaird社のERPシステムを統合し、世界7か所のビジネスユニット全体にわたる製品開発、変更管理、プロジェクト管理を一元管理します。

Laird社では、Arasの認定ゴールドパートナーであるRazorleaf社と連携しながらArasのPLMを選択しましたが、判断の決め手となったのはビジネスユニットごとに異なるコンフィギュレーションのニーズにも対応できるプラットフォームの柔軟性でした。同社では、世界19か国・50か所以上の拠点で、様々な業界の顧客向けにミッションクリティカルなシステム、コンポーネントおよびソリューションを多岐にわたって開発しており、柔軟なPLMシステムが不可欠となっています。

「Laird社は30年以上にわたり、高品質・高性能素材、無線システムをグローバル企業に提供しています」と、ArasのCEO 、Peter Schroerは述べています。「同社のような大企業が複雑なシステムのPLMのバックボーンとして全社的にArasを利用することで、最新PLMの真価が発揮されるでしょう。」

【Arasについて】
Arasはプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウエアプロバイダーで、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業に最適なソリューションを提供しています。ArasのPLMは、高い拡張性と柔軟性を誇るセキュアなプラットフォーム技術を採用しており、いかなる規模の企業様でも全ての優れた機能をご活用頂けます。GE、GETRAG、日立、ホンダ、モトローラ、テキストロン、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関しては www.aras.jp および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

※ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。