logo

東京家政大学が10月25日に学園祭企画シンポジウム「恋愛と結婚、その変遷を考える ~家族・儀式・男女の意識から~」を開催

東京家政大学 2015年10月14日 08時05分
From Digital PR Platform


東京家政大学女性未来研究所は10月25日(日)に、学園祭企画シンポジウム「恋愛と結婚、その変遷を考える ~家族・儀式・男女の意識から~」を板橋キャンパスで開催。ゲストにNPO法人全国地域結婚支援センター代表の板本洋子氏、原宿カウンセリングセンター所長・臨床心理士の信田さよ子氏、社会学者の古市憲寿氏を迎え、なぜ日本の若者は結婚しないのか、日本の結婚に未来はあるのか討論を行う。参加費無料。定員200名(先着順、申込不要)。


 かつて団塊の世代が結婚したころ、日本人の婚姻率は97%に達し、「世界一結婚好きな国」と言われた。それが、今や50代の非婚率は男子20%、女子11%。これでは世界一の“結婚ぎらい?”と言ってもいいだろう。出生率が世界最低レベルなのも無理はない。なぜ日本の若者は結婚しないのか、日本の結婚に未来はあるのか――。
 そこで、東京家政大学では学園祭開催中の10月25日(日)、ゲストにNPO法人全国地域結婚支援センター代表の板本洋子氏、原宿カウンセリングセンター所長・臨床心理士の信田さよ子氏、社会学者の古市憲寿氏を迎え、シンポジウム「恋愛と結婚、その変遷を考える ~家族・儀式・男女の意識から~」を開催。今、日本の結婚を語るにもっともふさわしいメンバーが大討論会を繰り広げる。

※女性未来研究所:平成26年4月、同大板橋キャンパスに設立(所長 樋口恵子名誉教授)。建学の精神である「自主自律」の道を歩み、生活信条である「愛情・勤勉・聡明」を実践できる女性を育成するとともに、グローバル時代にふさわしい女性の社会貢献を探求することを目的としている。

◆学園祭企画シンポジウム「恋愛と結婚、その変遷を考える ~家族・儀式・男女の意識から~」

【日 時】平成27年10月25日(日) 14:00~16:00(開場13:30)
*10/24・25学園祭開催中

【定 員】200名(先着順、申込不要)

【参加費】無料

【プログラム】
●開会あいさつ 樋口恵子 女性未来研究所長
●シンポジウム
《登壇者》
 板本洋子氏 NPO法人全国地域結婚支援センター代表
 信田さよ子氏 原宿カウンセリングセンター所長・臨床心理士
 古市憲寿氏 社会学者
《コーディネーター》
 樋口恵子

《総合司会》
 伊藤節 女性未来研究所副所長・英語コミュニケーション学科教授

【場 所】東京家政大学 板橋キャンパス 120-2C講義室(120周年記念館2階)
 住所:東京都板橋区加賀1-18-1

【主 催】女性未来研究所

【共 催】東京家政大学博物館

▼本件に関する問い合わせ先
 東京家政大学 進路支援センター
 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
 TEL: 03-3961-5228
 リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。