logo

DMCCが世界ベスト・フリーゾーンに認められる

DMCC 2015年10月13日 11時26分
From 共同通信PRワイヤー

DMCCが世界ベスト・フリーゾーンに認められる

AsiaNet 62155

ドバイ(アラブ首長国連邦)、2015年10月12日/PRニュースワイヤー/ --

ドバイの貿易、事業、商品の権威、DMCC ( リンク )が、フィナンシャル・タイムズfDiマガジンの「2015年の世界のフリーゾーン」に選ばれました。

マルチメディアニュースをご覧になるには、こちらをクリックしてください:

リンク

最も名誉あるフリーゾーンのランキングを検討するこの世界的年次調査は、何年もにわたる目覚ましい業績、成長、拡大計画、高度成長産業でのプレゼンス などを基準にしています。DMCCフリーゾーン ( リンク )は、支店か全業務を行っているかに関わらず、1か所のセットアップに必要なものすべてを企業に提供する、他の追随を許さないデジタル/フィジカルの徹底したサービスと基盤モデルで支持されました。

すでに1万1000以上のメンバー会社を抱える関連市場と、雇用者および居住者8万5000人のコミュニティーとなっており、今回の栄誉は、世界のビジネスと貿易にとってのナンバーワン目的地としてのDMCCフリーゾーンの地位を再確認するものです。

DMCCの代表取締役会長、アーメッド・ビン・スライエムは、次のように述べました。「fDiの2015年の世界のフリーゾーン賞受賞は、貿易、事業、商品に関する世界の中心としてのDMCCの地位を強固にし、世界のどこにもみられないほどにビジネスを繁栄させた、ドバイのサクセスストーリーを再び明らかにするものです。これは副大統領、UAE首相でドバイの首長であるムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム殿下のビジョンとリーダーシップの証です」

「DMCCにとって、これは始まりにすぎません。世界のトップ企業に理想的な市場をお届けするというわが社の決意が、ドバイの起業家精神に沿った継続的イノベーションを押し進めています」

「世界のベスト・フリーゾーンを維持し、成長させるためには、アラブ首長国連邦の次世代に成長と強くしなやかな将来を伝えることで、ビジネスを成功させなくてはなりません」

2002年、フリーゾーンを拠点として、世界170か国以上を代表する1万1000以上のメンバー会社で設立して以来、DMCCは飛躍的に成長してきました。今日では、アルカテル・ルーセント、アメリカン・エキスプレス、カレーラ・イ・カレーラ、コルゲート・パーモリーブ、ダイソン、ユーロフィン、ジョン・ウエスト・フード、ルクオイル、LVMH、ニュートリシア・ダノン、オドフェル、リオ・ティント-ダイメクソン、TAGワールドワイドなど、世界の有名企業がDMCCに拠点を置いています。

DMCCの最高経営責任者、ゴータム・サシッタルは、「DMCCのイノベーション、効率性、メンバー会社のニーズに合わせたサービスの取り組みが認められたことは、この上ない喜びです。これらは近年の重点分野であり、将来の成功に向けたDMCCの戦略のキーとなっています」と述べました。

リンク

(Photo: リンク )


DMCC
Henriette Svensen
PR & Corporate Communications
pr@dmcc.ae

情報源:DMCC


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。