logo

クレ・ド・ポー ボーテ ブランドミューズ、アマンダ・サイフリッド来日 「2016年新製品発表会」開催

株式会社資生堂 2015年10月10日 16時10分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月10日

株式会社 資生堂

資生堂 クレ・ド・ポー ボーテ
ブランドミューズ、アマンダ・サイフリッド来日
「2016年新製品発表会」、パレスホテル東京で開催

資生堂グループのハイプレステージブランド「クレ・ド・ポー ボーテ(以下CPB)」は、2015年10月9日(金)にパレスホテル東京(東京都千代田区丸の内)にて国内外のプレスに対し「2016年新製品発表会」を開催しました。本イベントにあたり、CPBのブランドミューズである米女優のアマンダ・サイフリッドが来日、登壇しました。なお、今回、発表された新製品は、CPBブランドの売り上げの中核をなすスキンケアアイテムで、2016年春に、日本を含み世界の12の国と地域(中国、台湾、韓国、マレーシア、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシア、アメリカ、カナダ、ロシア)でも販売される予定です。

【発表会のコンセプトは、「時間を超える輝き」の体感!】
皇居を臨む緑豊かなパレスホテル東京の唯一無二の空間のもと、解放感あふれる会場で新製品イノベーションのポイントである「時間を超える輝き」の体験実感を狙いに、肌の輝きの鍵を握る「細胞(セル)」の疑似空間、そして最先端のサイエンスを担う「クレ・ド・ポー ボーテ研究所」の特設ラボラトリーゾーンをダイナミックに製作。ゲストも圧倒される演出のもと新製品を紹介しました。

【ブランドミューズ「アマンダ・サイフリッド」の登壇で会場は大いに沸く!】
会場では、CPBの宣伝広告のフォトグラファーとして起用された米国人写真家ブルース・ウェーバー氏の手掛けた新しいアマンダ・サイフリッドの広告写真も紹介され、出席者からは、その輝きと内面から溢れる透明感ある表情と魅力に感嘆の溜息が漏れました。また、クレ・ド・ポー ボーテ ブランドディレクターの藤井恵一氏からは、会場のゲストたちに、CPBブランドへの厚情の謝辞と2016年新スキンケア発売とブランド育成への力強い決意が語られた後、2011年からのブランドミューズであり、女優として世界で活躍するアマンダ・サイフリッドが登壇しました。「大好きな日本に来ることができ、またみなさんとお会いできて非常に光栄です。私も、毎日CPBで肌のお手入れをしています。新しいCPBのスキンケアで、肌はもちろん、内面まで輝いていけるよう充実した毎日を送りたいと思います。また、是非皆さんも、この本日限りの特設ラボラトリーで、CPBの素晴らしさを体験してください」と語りました。

【「クレ・ド・ポー ボーテ」について】
「クレ・ド・ポー ボーテ」は、1982年発売の「クレ・ド・ポー」を前身として1996年に誕生。常に最先端の技術を取り入れ、進化し続けるブランドです。日本の高価格市場で確固たる存在感を築き、現在は世界12の国と地域(日本、中国、台湾、韓国、マレーシア、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシア、アメリカ、カナダ、ロシア)で展開しています。

【特設ラボラトリー「クレ・ド・ポーボーテ研究所」】
今回パレスホテル東京のなかに、CPBが提案する肌サイエンスを体験してもらうために、特設ラボラトリーを開設しました。クレ・ド・ポー ボーテ研究所 所長の石松孝之氏より、ブランドを象徴するハイパフォーマンスクリーム「ラ・クレームn」(医薬部外品)(30g/60,000円)の紹介をはじめ、肌表面の輝きと、見た目の印象を左右する内側※の輝きにも働きかけるという双方のアプローチについて説明がなされました。(※内側とは「角層」のことです)

【アマンダ・サイフリッドについて】
CPBのスポークスパーソンであるアマンダ・サイフリッドは、アメリカ・ペンシルベニア州出身のハリウッド女優であり、2011年CPBの「ブランドミューズ」に就任しました。アマンダは『レ・ミゼラブル』や現在公開中の『パパが遺した物語』をはじめとする数々の映画やTV番組、舞台で女優として、そして11歳からモデルとしても活躍しています。

【ブルース・ウェーバーについて】
2016年春夏のプロモーションより、CPBでは宣伝広告の新フォトグラファーとして、ブルース・ウェーバー(Bruce Weber)を起用します。アメリカ・ペンシルベニア州出身の写真家・映画監督で、カルバン・クライン、ラルフ・ローレン等の一流ファッションブランドの広告映像作家としてだけでなく、近年は、アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされるなど、映画監督としても活動の幅を広げています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事