logo

VeridosとVFS Globalが戦略提携を発表

VFS Global 2015年10月09日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

VeridosとVFS Globalが戦略提携を発表

AsiaNet 62124(1325)

【ベルリン、ドバイ(アラブ首長国連邦)2015年10月8日PRNewswire=共同通信JBN】Veridosのハンス・ウォルフガンク・クンツ最高経営責任者(CEO)とVFS Global Groupのズビン・カルカリアCEOは8日、戦略提携の協定に調印した。提携はプロダクトソリューションの開発と販売促進キャンペーンの相乗作用に関するVeridosとVFS Globalの協力を促進する。

Logo: リンク

Veridosのハンス・ウォルフガンク・クンツCEOは「これは両社にとって大きな機会であり、われわれのバリュープロポジションを強化するだろう。VFS Globalは広範な世界的プレゼンスがあり、Veridosはエンドツーエンド・ソリューションのプロビジョニングでの強いバックグラウンドと、統合と技術支援をパートナーシップにもたらす。さらに、VFS Globalのプロセス管理とアウトソーシングの専門技術はVeridosの身元確認ソリューションのポートフォリオを完璧に補完する。われわれは協力して、遠隔地域の登録センターを含め、大規模なIDプロジェクトに必要な完結したインフラストラクチャーを提供できる」と語った。

VFS Global Groupのズビン・カルカリアCEOは「この戦略提携を発表することに満足しており、身元確認管理セクターの当社顧客に役立つ良好な長期的業務関係を築くことに期待している。この提携によって、当社は身元確認管理ソリューションのポートフォリオを大幅に拡大し、顧客政府に世界有数の技術ソリューションを提供することが可能になる」と述べた。

Veridosは、10月末にドバイで開催する予定のVFS Global独自の政府向けイノベーション・ワークショップ「i-Connect」で、自社のアイデンティティーソリューションのポートフォリオを披露する。

▽Veridos GmbHについて
Veridos GmbHは世界中の政府や公的機関のために、セキュリティーが確立された身元確認ソリューションを開発している。2015年1月に、ミュンヘンのGiesecke & Devrient GmbHとベルリンのBundesdruckerei GmbHの合弁会社として設立され、国際市場に高度な機密保持技術を提供するドイツの2大事業者の専門技術を擁している。Veridosのポートフォリオは旅券文書、IDカード、運転免許証、健康保険証の制作とパーソナライゼーションのソリューションを含む。これらはパーソナライゼーション、発給、文書化のデータ管理システムや個人身元確認、選挙人登録、国境管理のソリューションによって補完されている。ベルリンの本社とミュンヘンの事業施設に加え、Veridosはブラジル、カナダ、メキシコ、シンガポール、米国、アラブ首長国連邦(UAE)を含む世界各国に代表を置いている。

Veridosに関する詳細はホームページリンク を参照。

▽VFS Globalについて
VFS Globalは、世界中の政府・外交機関向けアウトソーシングおよび技術サービスの世界最大の専門企業である。顧客政府のために査証・旅券の発給関係の行政的で審査を伴わない業務を管理し、政府や政府機関の国内市民サービスも管理している。

VFS Globalはチューリヒ(スイス)に本社を置く上場企業Kuoni Groupの完全子会社である。

48の顧客政府に奉仕し、120カ国以上の計1700以上の申請センターを擁し、2001年の創設以来、1億800万件の申請を処理、07年以来、2700万件以上の生体認証登録を処理した。

VHF Globalに関する詳細はホームページリンク を参照。

▽報道機関問い合わせ先
Mareike Ahrens
Senior Manager Marketing Communications
Veridos GmbH - Identity Solutions by Giesecke & Devrient and Bundesdruckerei
mailto: press.contact@veridos.com

Shaily Vaswani
Head - Corporate Communications and PR
VFS Global
Email: shailyv@vfsglobal.com

ソース:VFS Global


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。