logo

G2Aがeスポーツに対するコミットを続けると声明

G2A.com 2015年10月09日 16時35分
From 共同通信PRワイヤー

G2Aがeスポーツに対するコミットを続けると声明

AsiaNet 62122(1324)

【ジェシュフ(ポーランド)、香港2015年10月8日PR Newswire=共同通信JBN】G2A.COMはG2Aが最近League Championship Series(LCS)の公式スポンサーから外されたことに関して世界中のeスポーツファンから直接意見を聞くためソーシャルメディアのチャンネル上にコミュニケーションの場を開設した。

(Photo: リンク

G2Aはすでにアカウント販売やプレイ代行行為(Elo Boosting)を中止しているが、Riot Gamesとの交渉は何らの解決に至らず、米国のRiot開発広報担当マネジャーはG2Aへのメールの中でG2Aのスポンサーとしての地位を取り消したことを確認した。G2AはRiotからゲームガイドのようなプレーヤー向けの有用なツールを削除するように求められていた。G2Aは、これらはeスポーツ業界を活性化するものだと考えている。2015年9月18日金曜日午後6.31(CEST)に届いたRiotからの電子メールは以下(抜粋)のように述べている。「私としては当社リーグオペレーション・チームにG2Aに対するLCSチーム公式スポンサーとしての承認を取り消すよう公式に指示する以外のオプションは見いだせない」メールはさらに続けて「しかしながら、この決定はWorlds 2015におけるG2Aのビジュアル・スポンサー権については最終的なものである」としている。

G2Aは2014年以来、eスポーツのスポンサー権に600万ドル以上を投資しており、現在でもパートナーとともにeスポーツ業界を活性化すること、およびすべての関係者、投資家にとってウィン・ウィンのソリューションに到達する決意にコミットしている。G2Aはこの決定によって価値あるeスポーツ・パートナー、プレーヤー、ファンに影響が及ぶことを残念に思っており、これら関係者がオンライン上でこのことに対する反応、意見、個人的な経験を共有するよう呼び掛ける。

G2A eスポーツ・マネジャーのジョシュ・カブレラ氏は「当社がフェースブック・ページ(g2aesportbreakingnews)を含め、ソーシャルメディア・チャンネルでコミュニケーションの場を開設したのは、eスポーツ関係者が今回のことでどのような影響を受けるかについて当社に話す必要があるか見るためだ。どのように感じているか教えてもらいたい。当社も事態を好転させるためできるかぎりのことをしたいと思っている。これはeスポーツ・コミュニティー全体に対するG2Aの約束である。当社は関係者の支持を期待できると考えている。G2Aとeスポーツ関係者が一緒になれば、eスポーツを素晴らしいものにすることができる」と語った。

以下で意見の共有を。

電子メール:esportsbreakingnews@g2a.com
Twitter:g2aesport(リンク
Facebook:g2aesportbreakingnews(リンク

▽G2Aについて
G2Aはゲーミング、経営、金融、広報、マーケティングなどを含む多様な分野の専門家が展開する信頼され認可されたグローバル・デジタル・マーケットプレイスである。G2Aは日々、すべてのビデオ・ゲーム愛好家のために最も傑出したデジタル・プラットフォームを作ることを目標にしており、安全で保証されたオンライン事業を確保するため過去2年間に研究開発に2000万ユーロを超える投資をした。G2AはeBayのデジタル・ゲーミング製品では世界ナンバー1セラーである。同社は600万以上のユニークユーザーを持ち、2014年は世界で500万を超えるトランザクション、2015年5月だけで70万以上のトランザクションを記録した。

ソース:G2A.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事