logo

TISがAPI管理プラットフォーム提供の米国企業Apigeeとリセラー契約を締結

ITホールディングスグループ 2015年10月09日 11時10分
From PR TIMES

~ 最先端のAPIテクノロジーの活用で、 スピーディーかつ低コストなシステム間連携を支援 ~

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、API※(Application Programming Interface)管理プラットフォームを提供するApigee Corporation(本社:カルフォルニア州サンノゼ 以下、Apigee社)とリセラー契約を締結し、同社のAPI管理ソリューション『Apigee Edge(アピジー・エッジ)』を中心としたインテリジェントAPI管理プラットフォームの提供を開始することを発表します。



※API:ソフトウェア(コンピュータプログラム)が互いにやりとりするインタフェースの仕様。あるソフトウェアの機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用する際の手順やデータ形式などを定めている。APIを使うことでソフトウェア(システム)同士の連携が容易になる

<『Apigee Edge』の利用イメージ>
[画像: リンク ]



 ビジネスのスピード化が強く求められ、企業システムへのモバイル端末からのアクセスの増加、異業種間の協業による新たなサービス提供、IoT(Internet of Things)市場の成長などを背景に、これまで社内環境に閉じて管理してきた自社のシステムやデータの外部連携ニーズが高まっています。そうした中で、既存システムの改修コストを最低限に留めて短期間で機能や管理データなどを外部システムと連携・利用できるAPI活用の需要が高まっています。

 Apigee社は2004年に米国で創業したAPIテクノロジーとサービスに関するリーダー企業です。顧客にはグローバル企業であるWalgreens、eBay、Burberry、Morningstar、First Dataといった数多くの先進企業が同社のサービスを利用しています。
 Apigee社のAPI管理ソリューションである『Apigee Edge』はクラウド型とオンプレミス型があり、お客様のニーズにより選択が可能で、クラウドサービスはAPIトラフィックで月間200億コールの処理と99.99%の可用性実績を誇ります。「他社システムとの連携により効率的に新たなサービスを構築する」「自社データ資産の外部公開によるビジネスチャンスの拡大により収益を得る」といった、スピーディーなビジネス展開を求められる昨今のビジネス環境に必要なソリューションとして確固たる地位を築いています。

 TISでは、「ビッグデータの活用」「Fintech※(フィンテック)の活況」などを背景に、日本国内でもAPI活用によるシステム間連携ニーズが高まると考え、豊富な実績を持つApigee社との今回の提携に至りました。
 
 TISは、外部システムとの連携による効率的なサービス拡充や自社データ資産の活用を目指す金融機関や流通・サービス業などを対象に『Apigee Edge』などを展開していき、導入関連ビジネスを含めて2018年度末までに50億円の売上を目指します。
 また、自社データセンターに『Apigee Edge』のトライアル環境を構築するなど、オンプレミス型や国内での独自クラウドサービス展開なども検討していきます。

※Fintech:金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融分野でのIT活用を意味する。ITの活用により金融サービスの効率性向上やイノベーション提供を目指すこの一連の動きが近年注目されている

■『Apigee Edge』の実績と特長
 米国において『Apigee Edge』は“金融業の企業が自社決済システムをAPI公開して、パートナー企業やベンチャー企業がモバルペイメント対応アプリを開発する”“小売・流通業の企業が、在庫情報など社内システムのデータ資産の一部をAPIで公開して新しいビジネス展開を図る”などのシーンで活用されており、API市場は今後ますます拡大すると言われています。

 APIを活用したシステム同士の連携の際にポイントになるのが、セキュリティの確保や “安定感が求められる業務システム(バックエンド)”と“変化のスピードが速いモバイルなどのアプリケーション(フロントエンド)”のスピード感の異なる2システム間をスムーズに連携させるスピーディーなアプリケーション開発です。
 『Apigee Edge』は、API提供企業のバックエンドサーバ側にリバースプロキシの形で導入され、既存APIに追加的なAPI管理層を被せることにより、システム間に中間層(ファサード)を持たせます。この中間層により、企業のバックエンド機能やデータを、セキュアかつスピーディーに、
 また、バックエンドの改修を最小限にしつつ、システム(アプリケーション)開発者が望むAPIとして提供することができ、連携アプリの開発・構築を促進させることができます。

■Apigee社のインテリジェントAPI管理プラットフォームについて
 Apigee社のインテリジェントAPI管理プラットフォームは、API管理『Apigee Edge』を中心に、APIアクセスの分析ツールやアプリ開発ツールなどの製品群で構成されています。
 さらに『Apigee Edge』は、「ゲートウェイサービス」、「API BaaSサービス」、「開発者ポータル」、「APIアナリティクス」から構成されており、Apigee Edgeのゲートウェイが、APIを提供する部分とバックエンドのシステムを分断することで、セキュアにAPI提供できるようになります。また、ゲートウェイを通ったAPIコールの利用状況とパフォーマンスを分析ツールで視覚化して、課金やAPIの改善ができるなど、API活用に必要な環境を取り揃えています。

・ゲートウェイサービス
管理UIからAPI の登録や設定ができる。API を登録する際には、セキュリティ、呼び出し回数制限、各種変換、キャッシュ(Cache)などに関するポリシーを適用することができる。

・API BaaSサービス
アプリ開発を効率化するBaaS(Backend-as-a-Service)ソリューション。ユーザー管理やプッシュ通知などモバイルアプリ特有の機能セットを提供。

・開発者ポータル
開発者ポータルテンプレートの提供。API ドキュメント、フォーラム、ブログを作成して管理することができ、ポータルの機能へのアクセス制限をかけることもできる。登録されたユーザーは、フォーラムへの投稿を作成や、テストコンソールを使用できるようになる。

・APIアナリティクス
Apigee ゲートウェイを通過する際に、URL、IP、API 呼び出し情報のユーザーID、遅延、エラーデータを収集し、その結果をレポートで分析することができる。

◆Apigee社について
 Apigee (NASDAQ: APIC)はインテリジェントAPIプラットフォームをデジタルビジネスの加速化のために提供しています。多くの世界的大規模な組織はApigeeを選択し、そのデジタルビジネスを実現しています。その中には、フォーチュン100の23社の企業であったり、グローバル2000小売りブランドのトップ10企業の内の6社であったり、グローバルトップ10通信事業者の内の5社であったりします。Apigeeのお客様には、グローバル企業であるWalgreens, eBay, Burberry, Morningstar, First Dataといった企業が名を連ねています。Apigee はその本社を米国San Joseに置き、全世界で400人以上の従業員を擁しています。2015年4月に米国NASDAQ市場に上場しています。詳細は以下をご覧下さい。リンク


TIS株式会社について
ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は リンク をご参照ください。

ITホールディングスグループについて
ITホールディングスグループは、約2万人、50社超から成るIT企業グループです。グループ各社が様々なエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのクライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ提案をしていきます。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。