logo

NTTコミュニケーションズ(アルカディン)が、ガートナーの2015年版Unified Communications as a Service部門マジッククアドラントで評価

JCN 2015年10月09日 09時00分
From JCN Newswire


London, Oct 9, 2015 - ( JCN Newswire ) - NTTコミュニケーションズのグループ企業で、ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーションサービスで世界最大級かつ最も早く成長中のアルカディンは、2015年9月3日に発表されたガートナーの「世界Unified Communications as a Serviceマジッククアドラント(Magic Quadrant for Unified Communications as a Service, Worldwide)」で評価されたことを発表しました。アルカディンは、ガートナーの選定基準を満たした20社のひとつとして、「NTTコミュニケーションズ(アルカディン)」と併記する形で掲載されました。

「ガートナーのマジッククアドラントは、UCaaSが機能面で、オンプレミス型のUCに匹敵する競争力をつけてきたことを示しています」と、アルカディンUC戦略部長のHugues Treguierは述べています。「弊社のビジョンは、企業が事業拡大のために必要とする最高のソリューションを提供することで、クラウドベースUCの需要増大に最前線で対応することです」

「今回の評価は、合併後のNTTコミュニケーションズ(アルカディン)が持つ、グローバルに提供できるUCaaSの強みを証明するものです」と、Treguierは続けます。「弊社は、ガートナーのマジッククアドラントの厳しい選定基準を満足させる、数少ないグローバルUCaaS企業のひとつだと自負しています」

Arkadin Total Connectは、Microsoft Skype for Businessをベースとする総合UCエコシステムで、アルカディンの高品質な電話会議と統合されています。今年初めにClarity Connectコンタクトセンターソリューションが追加され、コールセンター担当者はさらに柔軟に業務管理やネットワーク拡張ができるようになりました。アルカディンのセキュアで分散型のグローバルプラットフォームと通信インフラにより、最高のQoS (quality of service)、パフォーマンス、拡張性が実現します。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

アルカディンについて

アルカディンは、世界最大級、かつ急成長中のグローバル・コラボレーション・サービス・プロバイダーです。業界トップの電話・ウェブ・テレビ会議やユニファイドコミュニケーションで、楽しめるデジタル・コラボレーション体験を実現し、全世界が相手の仕事をスムーズに運びます。NTTコミュニケーションズ・グループの一員として、その最先端で質の高いインフラを生かし、全サービスをクラウドで展開しています。大企業から中小企業まで、あらゆる規模の37,000社というお客さまを、世界19言語に完全対応し、33か国56拠点でサポートします。詳しくは www.arkadin.co.jp をご覧ください。

NTTコミュニケーションズについて

NTTコミュニケーションズは、企業の情報通信技術(ICT)環境の最適化のために、コンサルティング、アーキテクチャ、セキュリティ、クラウドサービスなどを提供しています。これらのサービスは、グローバルなTier-1 IPネットワーク、196以上の国と地域をカバーするArcstar Universal One(TM)、および130か所以上のセキュアなデータセンタなどのグローバルインフラに支えられています。NTTコミュニケーションズのソリューションは、Dimension Data、NTTドコモ、NTTデータなどのNTTグループ傘下企業のグローバルリソースも活用しています。詳しくは www.ntt.com をご覧ください。

お問い合わせ先:
アルカディン・ジャパン株式会社
渡辺 香
arkadinjp.mkt@arkadin.com
電話番号: 03-4570-7800

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。