logo

ウルシステムズ、Amazon Auroraを使って業務システムのクラウド化を支援

~既存システムのアーキテクチャ・開発プロセス・運用体制を再設計~

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原茂、以下、ウルシステムズ)は、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の「Amazon RDS for Aurora(以下、Amazon Aurora)」を使った業務システムのクラウド化支援サービスを本日より提供開始いたします。

Amazon Auroraは、Amazon Web Services, Inc.が提供するクラウド型リレーショナルデータベース(RDBMS)です。クラウドを前提とした独自アーキテクチャにより、高いスケーラビリティや可用性、耐久性を実現しています。このほど国内リージョンでも利用可能となり、本格的な業務システムのクラウド化を促進する技術として注目を集めています。

ウルシステムズは、Amazon Auroraを使った業務システムの構築ノウハウを提供するプロフェッショナルサービスを本日より開始いたします。本サービスでは、Amazon Aurora用に既存システムのアーキテクチャを見直し、システムのパフォーマンスやスケーラビリティを向上させます。また、生産性の高いツールやアジャイル開発手法を用い、ビジネスの状況に合わせてシステムをスピーディに変更できる環境を整えます。プロジェクトにおける一連の作業をお客様と一緒に実施することで、お客様へのスキルトランスファーも行います。

サービスの概要
・マイクロサービスをベースとしたスケーラブルなアーキテクチャ設計の実施
・Spring Cloudや自動生成ツールを組み合わせた生産性の高い開発環境の整備
・アジャイル開発やDevOpsによるシステム開発の実施とスキルトランスファー
・自動化による可用性、運用性、保守性の向上

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社様から以下のコメントをいただいています。

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
パートナー アライアンス本部 本部長 今野 芳弘様
「アマゾン データ サービス ジャパンは、ウルシステムズのクラウド化支援サービスの提供開始を歓迎します。お客様におけるクラウド活用・利用シーンは“クラウドファースト”と呼ばれる”まずは企業ITインフラをクラウドベースで構築する”時代から、“クラウドネイティブ”と呼ばれる“アプリケーション含めクラウドのメリットを最大限享受する”時代に変わりつつあります。本サービスを利用いただくことでお客様はアプリケーション含め企業システムの柔軟性・俊敏性を最大化することができます。ウルシステムズとAWSのサービスを活用いただくことで、お客様のビジネスの加速に貢献することを期待しています。」

今後、3年間で20社への導入を目指します。ウルシステムズは今後もお客様側を支援する戦略的ITコンサルティングでお客様の事業に貢献してまいります。

用語解説

※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、Amazon.com、Amazon RDS for Aurora、Amazon Aurora およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。その他の製品名及びサービス名等は各社の商標又は登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。