logo

ウェアラブル端末、ヘルスケア業界での活用が主流に

ウェアラブル端末、ヘルスケア業界での活用が主流に

プレスリリース
2015年10月8日


現在一部の市場で導入が進むウェアラブル端末は、デバイスの改良が進むことによって、マス市場での導入拡大が今後期待されています。フロスト&サリバンの調査分析「ウェアラブル端末の世界市場におけるビジネス機会」によると、ウェアラブル端末は主にヘルスケア業界において大規模な導入が進み、有望なビジネス機会を生み出すことが予想されています。リアルタイムでの患者のモニタリングや、術後のリハビリテーションを通じたより質の高い医療サービスの提供に用いられ、スマートウォッチやフィットネスバンドが主流となる見通しとなっています。


「ウェアラブル端末は健康状態の管理ツールに留まらず、ユーザーと医療提供者間での双方向のコミュニケーションツールとしての活用が今後進むでしょう。現在、多くのアプリケーションがBtoC(消費者向け事業)市場を対象としていますが、ウェアラブル端末を通じてユーザーが自身で収集したリアルタイムのデータを共有することで、医療機関のオペレーションに向けたサポート機能も提供出来るようになるでしょう」と、フロスト&サリバンのICT(情報通信技術)のシニアリサーチアナリスト、シュバ・ランクマールは述べています。


一方で、ウェアラブル端末の複雑な機能や、有機発光ダイオードスクリーンおよび先進センサーの利用拡大は、バッテリー問題を増大させる懸念もあります。同時に、不正確なデータ抽出が行われる可能性は、ユーザー間でのウェアラブル端末に関する認識にも影響を及ぼす懸念もあります。


くわえて、埋め込み型センサーによってデータが継続的に収集され、場所を問わずにソーシャルプラットフォームやフィジカルスペース上にデータを持ち込むことが可能になったため、プライバシーおよびセキュリティに関する法整備が極めて重要となります。ウェアラブル端末の今後の行方を定めるには、テクノロジー企業、法的機関、政府機関の間で、データ規制に関する法整備が行われることが必要となります。


「長期的には、環境発電やワイヤレス充電技術がバッテリー問題を軽減し、ユーザーからウェアラブル端末についての関心を引き付ける事ができるでしょう。バッテリー問題やデータの正確性に関する問題が解決されれば、IoT(Internet of Things)のエコシステムの一部としてウェアラブル端末の真の価値が生み出され、デバイス間でのデータ通信を可能にするでしょう」と、ランクマールは述べています。


■お知らせ:明日10月9日(金)の「CEATEC JAPAN 2015」でテクノロジーが変革する未来についての講演を行います:
<講演タイトル>「サイバーフィジカルシステムの台頭:2020年に向けたコネクテッドインダストリーの未来」
<日時>10月09日11:30 ~12:30 <会場>幕張メッセ 国際会議場1階 101会議室
<話者>フロスト&サリバン ジャパン株式会社 ICTリサーチ部門長 マーク・アインシュタイン

**********************************************
フロスト&サリバンについて:
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 リンク


本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: リンク


▽フロスト&サリバン プレスリリース一覧:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事