logo

企業向け共創型コミュニティ「Love LEE’s Cafe」正式オープン

「丁寧な暮らし」を提案する女性誌「LEE」のコア読者×インテージの共創コミュニティプラットフォーム 

株式会社 集英社(東京都千代田区、代表取締役社長:堀内 丸恵)と株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、インテージが提供する共創コミュニティプラットフォーム上に、集英社の女性ライフスタイル誌「LEE」の全国にいるコアな愛読者が参加する共創型コミュニティ「Love LEE’s Cafe」を、2015年10月13日に正式オープンします。これに伴い、生活感度の高い暮らしを楽しむ女性の声を新商品・サービスの開発に活かしたい企業向けに、共創マーケティングの支援サービスの販売を開始します。



[画像1: リンク ]



近年のSNSの発展に伴い、企業においては、ブログや口コミサイトなどに集まる生活者の声を活用したり、生活者とともに商品を開発する共創マーケティングの取り組みが行われています。
このようななか、LEE編集部は、読者ブロガー「LEE100人隊」を運営し、隊員にはLEEのスペシャル・サポーターとして活動してもらうだけでなく、企業の製品やサービス開発のアイディア創出において感度の高い生活者としての意見を提供してもらうなど、飲料から住宅まで幅広い分野の企業とコラボレーションし、数々のヒットを創り出してきました。
また、インテージは、消費者の購買情報を継続的に取得することができる消費者パネルや国内最大規模のネットリサーチモニターを保有しており、企業と生活者の共創コミュニティプラットフォームであるCo-Creationプラットフォームを構築・運営し、新商品開発のアイディア創出、コミュニケーションのクリエイティブ開発などに取り組んできました。
今回、正式オープンする「Love LEE’s Cafe」では、ライフスタイル系情報感度、発信力、表現力を兼ね備えたLEEのコア読者による、絆が強く、完成度の高いコミュニティを活用することにより、いつでも良質な意見を収集することができます。また、LEEが長年提案してきた「丁寧な暮らし」を具現化する愛読者による濃密なコミュニティならではの、良質な生活者インサイトの抽出を可能にします。
この取り組みにより、集英社のもつ発信力の高い読者層と、国内最大のリサーチ基盤をもつインテージの知見と運営サポートによって、より深いインサイトの発見を支援します。
集英社とインテージは、今後も企業と読者をつなぎ、読者の暮らしをより豊かにするサービスの提供に努めてまいります。
[画像2: リンク ]



【LEEとは】
株式会社 集英社が発行。毎月7日発売の「丁寧な暮らし」&「トラッドベーシックなおしゃれ」を提案するライフスタイルマガジンです。30代を中心に幅広い層に支持され、ファッション、ビューティのほか、インテリアや料理など実用特集も大人気です。創刊以来、読者との絆を大切に育ててきており、読者ブロガーの草分け「LEE100人隊」を始め、SNS、イベントなど様々なスタイルで読者とのコミュニケーションを密に図ってきました。公式フェイスブックで記録している平均10%超えのエンゲージメント率は、読者との絆の深さが裏づけとなっています。

【株式会社インテージ】 リンク

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。生活者とお客様を「情報」でつなぎ、お客様のビジネスの成功に貢献することによって、その先の生活者の暮らしを豊かにすることを目指します。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事