logo

フューチャーショップ、「Amazonログイン&ペイメント」導入サービス開始1ヶ月で稼働数150店舗を突破

株式会社フューチャーショップ 2015年10月08日 11時31分
From PR TIMES

新規購入者の平均3人に1人が「Amazonログイン&ペイメント」を利用

EC構築支援プラットフォーム「FutureShop2」を提供する株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区 代表取締役:星野裕子、以下フューチャーショップ)は、2015年9月1日より、「他社ID連携・決済オプション」として「Amazonログイン&ペイメント」が利用可能になるオプションサービスをリリースし、現在同オプションの稼働開始店舗数が150店舗を突破したことを発表いたします。



「Amazonログイン&ペイメント」とは、Amazon.co.jp(以下、Amazon)以外のECサイトでのお買い物時において、Amazon.co.jpのアカウント(以下、Amazonアカウント)にてお支払いができるサービスです。Amazonに登録されている配送先情報やクレジットカード情報がそのままご利用いただけるので、カート離脱率を改善し、コンバージョン率を高めるだけでなく、Amazonのアカウント情報でログインができるため、新規購入や会員登録のハードルを下げる効果が期待されます。

すでに300店舗を超えるお申し込みを頂いており、現在、順次ご利用開始のご案内を差し上げております。

FutureShop2上で「Amazonログイン&ペイメント」をご利用中のECサイト10店舗を無作為に抽出し調査を行ったところ、期間中の購入顧客のうち、「Amazonログイン&ペイメント」を利用した方の割合は平均29%(最高44%、最低8%)、新規購入者に限定すると平均34%(最高48%、最低12%)でした。

また、購入と同時に新規会員登録を行った顧客の割合は「Amazonログイン&ペイメント」利用ユーザーでは平均60%(最大71%、最低39%)、それ以外の決済方法利用ユーザーでは平均25%となり、約2.4倍という大きな差異が認められました。

新規購入者の3人に1人が「Amazonログイン&ペイメント」を利用して注文を完了しており、そのうちの6割が新規会員登録を完了していることから、多くの消費者がAmazon以外のECサイトにてAmazonアカウントを利用することを選択し、買い物を完了していることが伺えます。

また、2回目以降の利用の際も当該サイトにてAmazonアカウントでログインすることができるため、新しいパスワードを設定する必要もなくポイントやクーポンのサービスを受けられる会員登録を積極的に行っているとみられます。

その他、コンバージョンレートの向上やリピート率向上等のさらなる導入効果の公表については、引き続きデータの収集および分析の上、行う予定です。

今後もフューチャーショップは、EC市場の成長の一助となるべく、ネットショッピングをより楽しく、有益な世界にしていくことを目指します。

***

<Amazonによるコメント>

弊社サービス「Amazonログイン&ペイメント」をご理解いただき、実装に至るまでの開発にご尽力いただきました、株式会社フューチャーショップ様に心より感謝申し上げます。

「Amazonログイン&ペイメント」を「FutureShop2」を利用している多くのECサイトで導入いただくことにより、Amazonのお客様は、より多くの商品やサービスを簡単にお買い求めいただけるようになりました。お客様の利便性が向上することにより、「FutureShop2」を利用されている販売事業者様のコンバージョンレートが改善し、ビジネスの成長のサポートにつながればと考えています。

※ Amazon.co.jp および Amazon、Amazonログイン&ペイメントは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

アマゾン ジャパン株式会社
セラーサービス事業本部 事業開発部 部長 井野川拓也

***
[画像: リンク ]



【関連情報】
○第3回通販ソリューション展【秋】(会場:幕張メッセ 10-4)
リンク

○「Amazonログイン&ペイメント」対応サービス紹介
リンク

【フューチャーショップについて】
フューチャーショップ(リンク)が提供するFutureShop2シリーズは、未来に向けたEC戦略も検討できるECプラットフォームです。

国内向け「FutureShop2」はロイヤルティマーケティングに取り組める豊富な機能を有し、越境EC・インバウンド対応時には同じオペレーションの「FutureShop2 OVERSEAS」をご利用頂けます。オムニチャネル化への取組み時は実店舗ECポイント連携に加え、実店舗在庫連携機能もご利用頂ける「FutureShop2X」を提供しています。

また、プラットフォーム自体の機能が充実しているだけでなく、他システムとも多数連携しており、柔軟性や拡張性にも優れています。"売上を創るEコマースプラットフォーム"を目指し、プロユースに応える高機能であることにこだわり、EC事業者の「やりたいこと」にとことん、応えます。

社名:株式会社フューチャーショップ Future Shop Co.,Ltd.
所在地:〒530-0011 大阪市北区大深町 4 番 20 号グランフロント大阪 タワーA 24 階
資本金:1 億円
代表者:代表取締役 星野 裕子
従業員:32 名(2015 年 4 月 1 日現在)
設立:2010 年 3 月 (株式会社フューチャースピリッツより分社)
事業内容:電子商取引(E コマース)支援サービスの提供、EC 構築・運営 ASP「FutureShop2」企画・運営・開発
URL リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。