logo

トランスコスモス、データフィードサービス「t-eams for Data Feed Bid Manager」の提供を開始

広告メディアごとに商品情報を自動生成し入札を最適化、運用型広告のPDCA高速化と広告効果向上を支援



トランスコスモス株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、データフィードサービス「t-eams for Data Feed Bid Manager(チィームス・フォー・データフィード・ビッドマネジャー)」の提供を開始し、運用型広告サービスの拡充をはかります。


[画像: リンク ]

EC業界、不動産業界、旅行業界などを筆頭に、Webサイト上で数千~数万点の商品・サービスを取り扱う企業が増加しています。また、商品リスト広告、アフィリエイト広告、レコメンド広告など、広告種類が急増したことを受け、それぞれの入稿規定に則って広告データも細かく最適化する必要があり、広告効果を最大化するために、データフィードを用いた広告運用ニーズが高まっています。

今回、トランスコスモスは、トレーディングデスクサービス「t-eams」のサービス拡充をはかり、新たにデータフィード運用プラットフォームを活用した広告運用を開始しました。「t-eams for Data Feed Bid Manager」は、複数媒体のデータフィード管理、媒体ごとに最適化したデータフィードの自動生成、データフィードの効果検証、商品ごとの入札調整までを一元的に管理・運用することで、PDCAを高速化させ、運用型広告の効果を向上させるものです。

■「t-eams for Data Feed Bid Manager」の主な特長
・広告媒体の特徴にあわせて「ブランド名」「色」「サイズ」「説明文」などの商品情報を追加・置換・削除し、最適な入稿データを自動生成
・媒体および商品ごとに入札調整を行い、季節のトレンド商品や販売強化商品の広告効果を最大化
・商品単位の効果検証を行って広告対象商品を絞り込むことで、無駄な配信コストを削減し、広告の成果を向上

トランスコスモスは今後も、トレーディングデスクサービス「t-eams」のサービス向上を行い、広告運用ノウハウの蓄積、その結果としての広告効果向上を目指します。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のコスト削減を支援するコンタクトセンター・人事/経理/営業バックオフィス・受発注/SCM・システム開発/運用などのサービスを、また、お客様企業の売上拡大を支援するビッグデータ分析・インターネット広告・Webサイト構築/運用・スマートフォン/ソーシャルメディア活用・テレマーケティングなどのサービスを、アジアを中心に世界25カ国・148の拠点で、オペレーショナルエクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界34カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは高品質なBPOサービスを世界規模で提供する、お客様企業の「Global BPO Partner」を目指しています。(リンク)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事